/

監督たちの戦い 日本ハム・栗山、独自色で2年目のジンクスに挑む

スポーツライター 浜田昭八

監督にも"2年目のジンクス"がある。選手の場合は新人時代の好成績で慢心し、オフのトレーニングを怠って落とし穴にはまる。監督に慢心はないが、無我夢中で戦った1年目と違って2年目は周りが少し見える。そこで改めて怖さを感じ、混乱することが多い。

投打二刀流・大谷の育成に重い責任

日本ハム・栗山英樹監督が、今まさにその状態ではないか。22年ぶりに球界へ復帰した昨季は、無心に突き進んだ。2年目のシーズンは始まったばかり。成績が落ちると決まってはいないが、1年目とは異質のプレッシャーを感じている様子がうかがえる。

さまざまなプレッシャーの中でも、投打二刀流の大谷翔平を育てる責任がズシリと重い。米大リーグ志向の大谷を、日本ハムは敢然とドラフト指名した。栗山は入団勧誘に自ら赴き、投打二刀流をバックアップすると約束した。

キャンプ、オープン戦では、難しい育成に正面から取り組んだ。大谷の努力もあって、前途は明るいと思えた。「将来はエースで4番への道を、順調に歩み始めた」と言った栗山だが、ここへきて微妙な変化を見せた。

開幕前には二刀流育成の不安を漏らすようになった。開幕シリーズの西武戦では1、2戦で8番右翼で起用、3戦目は代打だった。大谷は開幕戦で2安打1打点を挙げ、まずまずのデビューと評価された。

だが、投打両方の練習が負担になり、大谷が体力的にかなり消耗していると栗山は見た。「このままでは両方とも中途半端になる」と、調整法、起用を含めて扱いを変える意向を示した。ほどなく、投打いずれかに専念をと、大谷に迫るかもしれない。

コーチ陣入れ替えの影響に注目

コーチ陣入れ替えも、2年目栗山をどう変えるか注目される。1年目は「元からいるコーチが、チームを一番よく知っている」と、全員を留任させた。だが、2年目は栗山色の濃いコーチ陣の顔ぶれになった。

ヘッドコーチにヤクルト時代の同僚で、高校監督を務めていた阿井英二郎を招いた。投手コーチは元ロッテの黒木知宏、外野守備・走塁コーチは元西武の大塚光二。解説者時代に野球観で共鳴した2人に、投、走の主要部門を任せた。

1年目のヘッドコーチ・福良淳一はオリックス、走塁担当の清水雅治はロッテへ移籍した。老練コーチと入れ替わりに、栗山が初めて自己主張した人事がプロでコーチ経験がない人物の招請。白紙状態で監督になった自らの成功体験をよりどころにしたのだろうが、一抹の不安がつきまとう。

3番糸井の穴、どこまで埋まるか

日本ハムはチーム編成を球団主導で行う。監督は与えられた戦力で勝たねばならないので、補強を強く求める。それにしては、キャンプイン直前に成立したオリックスとのトレード(糸井嘉男、八木智哉を出し、木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾を獲得)で、栗山の考えはどこまで通ったのか。

遊撃・金子誠の故障に配慮して、大引を獲得したのはうなずける。だが、打守走の三拍子そろった糸井を手放すのに、抵抗はなかったのか。1年目に中田翔を4番で使い通せたのも、3番糸井の存在があればこそだった。好打者の田中賢介も米球界入りした。攻撃力低下は避けられない。機動力を駆使して、どこまでカバーできるだろうか。

栗山は選手を姓でなく名で呼ぶ。慎之助(巨人・阿部)、雄星(西武・菊池)ら、ユニークな名で親しまれている選手は球界に何人かいる。しかし、栗山はどの選手も名で呼び、それを記者会見などでも通す。栗山流の「チームは一家」の愛情表現である。

優しいだけの監督ではない

その考えを基に、1年目は選手と徹底した対話を続けた。体育会系のパワー管理が主流を占める球界で、そのソフト路線は脚光を浴び、リーグ優勝を果たして賛美もされた。だが、優しいだけの監督でないことは、だれもが知っている。

糸井、田中が抜けた右翼、二塁のポジション争いで、若手が積極的にアピールしないのにいらだった時期があった。チャンピオンを蹴落とそうとする他球団のマークも厳しい。苦しいシーズンになるのは明らかだ。それでも栗山は「ウチの選手は苦しいときにこそ力を出す」と言った。そうあってほしいという願望が込められている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン