2019年9月22日(日)

スペシャル

フォローする

ナダルはもうハードコートで戦わなくなるのか

(1/4ページ)
2013/3/15 7:00
共有
印刷
その他

もうハードコートでプレーしたくない――。左膝のケガから復帰して約1カ月、男子テニスの元世界ランキング1位、ラファエル・ナダル(26、スペイン)がハードコートへの不満を繰り返し口にしている。すでに四大大会11勝、生涯グランドスラム(四大大会すべてで優勝)も達成したナダル。「もうハードコートで行われる全米、全豪オープンに出場しないのではないか」という声すら聞こえてくる。

NYでのエキシビションマッチに出場

3月4日は国際テニス連盟(ITF)が定めた「世界テニスの日」。テニスの普及を目的に世界各地で様々なイベントが開かれた。

ニューヨークではここ5年間毎年、全米テニス協会がマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)でエキシビションマッチを開催していて、今年の大会にはナダルが初めて登場した。

世界ランキング5位のナダルと対戦したのは同7位のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)。女子は世界ナンバー1のセリーナ・ウィリアムズ(米国)と2位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の組み合わせと豪華な顔ぶれ。

このエキシビションマッチは約1万6000人もの観衆を集め、米メディアによると、ナダルの出演料は約150万ドル(約1億4000万円)だったという。

試合前には「MSGは世界で最もロマンチックなアリーナ。ここでプレーするのは夢だった」と語っていたナダル。しかし、約7カ月に及ぶ左膝のケガから復帰後、初めてのハードコートでのプレーということで、「膝がどう感じるか試したい」とも話していた。

無理してボール追いかけず

通常こうしたエキシビションマッチでは互いに8割程度の力で打ち合うことが多いが、デルポトロとのマッチでナダルはボールを無理して追いかけることもなかった。それでもファンは喜び、ナダルもいい感触を得たようだ。

「ニューヨークのファンはテニスを分かっているので楽しかった。膝はいい方向に向かっている。ハードコートでの試合を試してもいいかな」と試合後にナダルは手応えを口にした。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
全米テニスの女子シングルスで初優勝したビアンカ・アンドレースクはどんなボールにも食らいつく根性がある=USA TODAYUSA TODAY

 全米オープンテニスの女子シングルスはカナダの19歳、ビアンカ・アンドレースクの初優勝で終わった。今年の四大大会を振り返ると、全豪オープンの大坂なおみ(日清食品)を除き、3大会で身長170センチ以下と …続き (9/11)

W杯で日本に53点差の圧勝劇を演じた米国代表だが過去と比べるとスター不足は否めない=ロイターロイター

 中国で開催されているバスケットボールのワールドカップ(W杯)で、アメリカ代表は9月8日まで順調に4連勝を飾っている。5日には日本にも53点差で圧勝し、その強さをアピールしたのは記憶に新しい。ただ、ア …続き (9/9)

全米オープンの準々決勝で敗退後、手を振って観客の応援に感謝するフェデラー=APAP

 テニスの全米オープンでロジャー・フェデラー(スイス)が3日の準々決勝で敗退した。5連覇を達成した2008年以来の優勝を目指したものの、4年ぶりの4強入りも逃した。8月に38歳になったばかりの元王者に …続き (9/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。