ポスター大国ポーランド、冷戦時代の遺産
神奈川県立近代美術館普及課長 籾山昌夫

美の十選
2019/10/19 2:00
保存
共有
印刷
その他

市瀬 真以撮影

市瀬 真以撮影

東西冷戦下の社会主義国家で独自の発展を遂げたポーランドのポスターを紹介します。西側の資本主義諸国とは異なるセンス、味わい、芸術性が伝わる作品の数々を、神奈川県立近代美術館普及課長の籾山昌夫さんが時代のエピソードとともに振り返ります。

(1)トマシェフスキ「ヘンリー・ムーア作品展覧会」

(2)ムロシュチャク「ボリス・ゴドゥノフ」

(3)ヒルシェル「サーカス」

(4)ウルバニェツ「ABCabc」

(5)ムウォドジェニェツ「同調者」

(6)レニツァ「チャイコフスキー 白鳥の湖」

(7)チェシレーヴィチ「クシシュトフ・ペンデレツキ ルダンの悪魔」

(8)スタロヴィエイスキ「クシシュトフ・ザヌッシ映画 イルミネーション」

(9)ノルブリン「ポーランド ワルシャワ」

(10)グロノフスキ「全国総合博覧会」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]