2018年12月11日(火)

スペシャル

フォローする

「もうパパを擁護しなくていい」 元自転車王者の告白
禁止薬物の使用認める

(1/5ページ)
2013/1/25 7:00
共有
印刷
その他

「タイヤに空気、瓶に水を入れるように(禁止薬物を摂取した)。それが仕事の一部だったんだ」――。世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスで7連覇するなど活躍したランス・アームストロング(41)が、悪質なドーピング違反で永久追放されて以来初めてインタビューに応じ、禁止薬物使用を告白した。特に新しい事実はなかったが、淡々と告白する姿は全米に衝撃を与えた。

5種類以上の薬物の使用について「イエス」

どんな形であれ、過ちを正す場合、まず事実を公に自分の口から話すことが米国では重要だ。

インタビューが放映される日、野球賭博で球界から永久追放された通算4256安打の大リーグ記録を持つピート・ローズはこう語っていた。「肩の荷が下りるはずだ。俺もそうだった。ここが第一歩なんだ」。過去に薬物使用を告白したヤンキースのロドリゲスも昨年、「まず事実を話すこと。一番つらいけれど、そこからすべてが始まる」と話していた。

アームストロングは全米で最も影響力のある女性タレントとされるオプラ・ウィンフリーの取材を選び、14日に録画し、17、18日に放映された。

「まずイエス、ノーで答えて。禁止薬物を使っていたの?」。5種類以上の薬物の名をあげるごとに「イエス」の答え。「薬物なしでツール・ド・フランスを7連覇するのは無理?」「僕の意見では無理」

「ドーピングは地味な方法だった」

「ドーピングは地味な方法だった。でも、1970~80年代の東独の方がずっと大々的だったと思う」「マフィアみたいなスキームがあった」「僕は精巣がんを患ったから、人より血中の酸素を運ぶ能力は低い。(だからその薬がいるんだ)」

コメントを読み上げるごとく、告白は淡々と続く。感情というものがまったくうかがえない。ウィンフリーが同意も否定もせず、ただ受け止めるスタイルだけに、インタビューは異様さが際立っていた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
八村(右)は強豪ゴンザガ大で3年目を迎え、中心選手に成長(11月26日、ワシントン州スポケーン)

 男子バスケットボールで全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大に所属する八村塁(20)の勢いが止まらない。高校卒業後に渡米して3年目の今季は中心選手に成長し、チームも快進撃を続ける。2019年6 …続き (12/5)

大坂は今季を振り返り、「先を見すぎなくなった」という=APAP

 女子テニスの大坂なおみ(21、日清食品)の長くて熱い秋が終わった。9月8月に全米オープン女子シングルスを制してから約2カ月、経験したことのない怒濤(どとう)の日々を過ごし、年間上位8選手によるWTA …続き (10/31)

 マネジメントやチームワークを学ぶ機会として、スポーツを企業研修に活用する動きが広がっている。筑波大発ベンチャーやスポーツ関連企業が企画し、実践に基づく「組織運営」を学ぶ手法として注目されている。
 7 …続き (9/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]