2019年2月23日(土)

スペシャル

フォローする

「もうパパを擁護しなくていい」 元自転車王者の告白
禁止薬物の使用認める

(1/5ページ)
2013/1/25 7:00
共有
印刷
その他

「タイヤに空気、瓶に水を入れるように(禁止薬物を摂取した)。それが仕事の一部だったんだ」――。世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスで7連覇するなど活躍したランス・アームストロング(41)が、悪質なドーピング違反で永久追放されて以来初めてインタビューに応じ、禁止薬物使用を告白した。特に新しい事実はなかったが、淡々と告白する姿は全米に衝撃を与えた。

5種類以上の薬物の使用について「イエス」

どんな形であれ、過ちを正す場合、まず事実を公に自分の口から話すことが米国では重要だ。

インタビューが放映される日、野球賭博で球界から永久追放された通算4256安打の大リーグ記録を持つピート・ローズはこう語っていた。「肩の荷が下りるはずだ。俺もそうだった。ここが第一歩なんだ」。過去に薬物使用を告白したヤンキースのロドリゲスも昨年、「まず事実を話すこと。一番つらいけれど、そこからすべてが始まる」と話していた。

アームストロングは全米で最も影響力のある女性タレントとされるオプラ・ウィンフリーの取材を選び、14日に録画し、17、18日に放映された。

「まずイエス、ノーで答えて。禁止薬物を使っていたの?」。5種類以上の薬物の名をあげるごとに「イエス」の答え。「薬物なしでツール・ド・フランスを7連覇するのは無理?」「僕の意見では無理」

「ドーピングは地味な方法だった」

「ドーピングは地味な方法だった。でも、1970~80年代の東独の方がずっと大々的だったと思う」「マフィアみたいなスキームがあった」「僕は精巣がんを患ったから、人より血中の酸素を運ぶ能力は低い。(だからその薬がいるんだ)」

コメントを読み上げるごとく、告白は淡々と続く。感情というものがまったくうかがえない。ウィンフリーが同意も否定もせず、ただ受け止めるスタイルだけに、インタビューは異様さが際立っていた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
7日のサンダー戦で渡辺(右から3人目)は日本選手として初の2桁得点を挙げた=APAP

 米プロバスケットボールNBA、グリズリーズとツーウエー契約を結び、日本選手で2人目のNBA選手になった渡辺雄太が徐々に力を発揮し始めている。
 2018年10月27日のサンズ戦でデビュー。その後はなか …続き (2/11)

大坂は左右に振られても粘り負けせず、エースも狙っていった=共同共同

 全豪オープンのテレビ解説で2週間ほどオーストラリア東部のメルボルンにいました。3年前、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)の全豪初出場を解説していたときから、「(世界上位に)いつか出てくる」と思ってい …続き (2/1)

錦織は対戦相手について「想像よりも強かった。ほぼ負けていた」=共同共同

 テニスの全豪オープン第2日は15日、メルボルンで行われ、男子シングルス1回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)は予選を勝ち上がった世界ランキング176位のカミル・マイクシャク(ポーランド)と対戦し、3 …続き (1/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]