2019年8月19日(月)

お金の大切さを 子どもの金銭教育、87%が前向き
週末マネー講座 第5回読者アンケート結果

(1/3ページ)
2013/1/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

子どもがお年玉として、まとまったお金を手にする新年。親はその使い方についてどう感じているのでしょうか。12月29日付「お年玉で育てる 『使い上手・ため上手』な子」と1月12日付「お年玉、おもちゃに消える前に 親が教えたいこと」の掲載を踏まえ電子版会員に聞いたところ、「どちらともいえない、把握していない」との回答が54%に上りました。「子供にあげたものなので、使い道は子供の自由だ」「自立心を養う方向に持っていくべきだ」といったコメントが目立ちます。

「満足している」は27%で、「手持ちのお年玉で足りない買い物は翌年のお年玉を待って買うなど、計画的に使っている」「子どものうちしかできないことだから」などの声が上がりました。「不満である」(20%)とした方からは「使い道がゲーム機中心」という意見の一方で「小学生なのに貯金しているから」というコメントもありました。子どもなんだから、お年玉ぐらいほしいものに使ってもいいのに、と複雑な思いなのでしょうか。

電子マネーの普及や所得の伸び悩みなどを受け、子どもの金銭教育に力を入れるかどうかについては「これから力を入れていく」が45%、「既に力を入れている」が42%と前向きな回答が大勢。「お金の大切さと、お金に代えられない大切なことについてきちんと教えていかないといけない」「上の子の金銭教育に大失敗したから」といった意見がそれぞれ出ました。

今回のアンケートには102人の方に回答いただきました。寄せられた主なコメントは次ページ以降で紹介しています。「暮らしを磨く 週末マネー講座」では今後も、テーマごとにこうした意識調査を実施していく予定です。生活に密着したおカネに対する皆さんのご意見をお寄せください。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

週末マネー講座アンケート 結果と読者コメント

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。