創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

先進国の民主主義政治についての読者のご意見
時論アンケート

(1/2ページ)
2013/1/6 3:30
共有
印刷
その他

▼「行き詰まっていると思う」と答えた方のコメント

30代男性
特に日本では選挙権への無力感が国民にまん延していると同時に、選挙権を行使しない無責任な国民が多い。衆院選の投票率が60%に満たなかったことがそれを示している。
回答者の内訳
回答総数1203
男性94%
女性6%
20代6%
30代11%
40代17%
50代22%
60代31%
70代12%
80代以上1%

小数点以下は四捨五入

30代女性
民主主義自体は代替案のない最善の方法だ。国民を代表するに値する議員を選出する政治システム上の問題だと思う。
50代男性
過半数や3分の2さえ取れればよいという数の論理ばかりになり、少数意見の尊重という重要な理念が消え去っている。
50代男性
政治家が有権者に心地よい政策や、競合する政党・候補の欠点を並べ立てる選挙に終始しており、理解と信頼に基づいた実行可能な政策を打ち出せていない。有権者も責任と負担を負う覚悟を持つべきだ。
50代男性
政党政治が限界にきていると思う。党利党則にとらわれ、党議に縛られるのであれば、多様化する国民のニーズばかりか世論の変化を見誤る恐れがある。
60代男性
問題の本質を歴史的に分析でき、長期的な展望が示せる政治家が少ない。
60代男性
民主主義は完成されたシステムではなく、中立的で正当な視点で常に検証し続けなければならない。マスコミの役割は重大だ。扇動を排し、歴史の批判に堪える報道を望む。
70代男性
先進国の民主主義はおしなべて衆愚政治となっていると思う。堕落する一方だろう。
  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ