2018年7月19日(木)

フィギュアの世界

フォローする

浅田真央が示した逆境力 腰痛にもポジティブ思考
フリーライター・野口美恵

(1/4ページ)
2012/12/14 7:00
共有
印刷
その他

 ロシアのソチで9日まで開かれたグランプリ(GP)ファイナルで、4年ぶりの優勝を飾った浅田真央。腰痛を感じながらも耐えていたことを、試合後に明らかにした。ケガの不安を抱えながらの戦いのなか、浅田が手にした逆境からの成功術とは――。

SPは最高の演技だったが…

 浅田にとって、GPファイナルの出場は2008年に金妍児の地元、韓国で開催された大会で優勝して以来。久々の舞台だったが、7日のショートプログラム(SP)は66.96点をマークして首位に立つ順調な滑り出しだった。

 「3回転+2回転」などのジャンプを決めると、スピンとステップは最高の技術レベルの「4」を獲得。「アイ・ガット・リズム」のアップテンポな曲に合わせた軽やかなステップは、見ている側が楽しい気持ちになるような最高の演技だった。

 「明日も、今日のようにしっかりエレメンツをやりたいです。スピードを最後まで落とさずに滑ることが目標です」。浅田はSPの後、満足そうに語っていた。

フリーの日の朝から腰痛が悪化

 ところが翌日、フリースケーティング直前の6分間練習で、浅田はほとんどのジャンプが1回転や2回転になり、明らかに普通の状態ではなかった。その日の朝からNHK杯後に悪化した腰の痛みがひどくなっていたという。

 6分間練習が終わると、佐藤信夫コーチと久美子コーチに打ち明けた。

 「腰が痛くて、全然力が入らないのでジャンプがコントロールできなくて、滑れない」

 すると佐藤コーチは間髪入れず、こう言った。

 「中途半端は良くない。やめるならやめる、やるならやる。それしかない」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

フィギュアの世界 一覧

フォローする
平昌五輪フィギュアスケート男子フリーで演技する羽生選手(2月17日)=上間孝司撮影

 2月の平昌冬季五輪で66年ぶりにフィギュアスケート男子を連覇した羽生結弦(ANA)が2日、27人・団体目の国民栄誉賞受賞者となった。23歳での受賞は個人では最年少で、冬季スポーツでは初めてだ。(原真 …続き (7/3)

観客の声援に応える金メダルのザギトワ(手前)と銀メダルのメドベージェワ=上間孝司撮影

 6月4~8日にスペイン・セビリアで開かれた国際スケート連盟(ISU)の総会を経て、2018~19年シーズンから22年北京五輪までのフィギュアスケートのルールの大枠が決まった。ジャンプの基礎点が1.1 …続き (6/12)

五輪連覇を果たした羽生の来季のプログラムが楽しみだ

 3月24日に終了したフィギュアスケート世界選手権(ミラノ)で、日本は男女ともに2019年大会(さいたま市)の出場枠最大3を確保した。今季のメインである平昌冬季五輪男子では、66年ぶりの五輪連覇を達成 …続き (3/27)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]