ランナー集まれ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

レースっていい 走っている人はみな仲間
編集委員 吉田誠一

(1/4ページ)
2012/11/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

 以前はフルマラソンだけでなくハーフマラソンでも、レースに出るたびに自己ベストを狙っていた。しかし、いまは違う。それほどガツガツしていない。

 ようやく大人になったということだろうか。ターゲットにしているフルマラソン以外は、そのための練習の一環と位置づけ、強化の段階に合わせたペース設定で走れるようになっている。

いわい将門ハーフマラソンでゴールを目指して走るランナー

いわい将門ハーフマラソンでゴールを目指して走るランナー

最大のターゲットは来年2月の別大

 今シーズンの最大のターゲットは来年2月3日の別府大分毎日マラソンと決めている。そこまでのレースはすべて練習の一環だと考えている。

 仕事の関係で、9月末まできちんとした計画をもとに走り込むことができなかった。今季の実質的な脚づくりは10月にスタートしたようなものだ。ここからの4カ月で別大を目指すプランを描き、10月は昨年8月以来14カ月ぶりに月間走行距離が300キロを超えた。

 距離がすべてではないが、何となく第1ステップをしっかり踏めた充実感を覚えている。300キロの壁を越えてみたら、不思議なもので、「オレは本気だぞ」という気持ちがふつふつと湧いてきた。「待ってろ、別大」と口に出したわけではないが、心の中はそんな感じだ。

調整レースとして「いわい将門ハーフ」に出場

 とにかく第1ステップは越えた。そこで11月11日、いわい将門ハーフマラソン(茨城)を調整レースとしてこなした。

 ハーフマラソンの自己ベストは1時間33分26秒(グロスタイム)。いまの段階では、そこまでのスピードの持続力はついていない。

 そこで、立てたプランは「1キロ=4分半、5キロにすると22分半のペースで粘る」。

 このペースだと、フィニッシュタイムは1時間35分になる。できれば後半少しペースを上げて、1時間34分台でゴールしようと思っていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ランナー集まれ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

沿道からの声援の中、ランナーが駆け抜ける

 スポーツが文化として根づいている国でスポーツをする快楽を一度、知ってしまうとクセになる。スポーツがもたらす豊かな空気、そこに流れる時間を味わいたいという思いが募り、海外の大会に足が向く。
 かなり遅い …続き (10/18)

ボランティアの学生の激励を受けてゴールに向かう

 いよいよ私の新しいマラソンシーズンがスタートした。大会に出るようになって14年目を迎える。特に、この4年は思うようにいかないシーズンが続いたが、今季は希望が見えるのだろうか。
 フルマラソンの今季初戦 …続き (9/29)

闘う者の姿が見る者を引き込む(手賀沼トライアスロン)

 ふだん走っているトレーニングコースでは毎夏、トライアスロンの大会(手賀沼トライアスロン)が行われている。今年で12回目を数えるというのに一度もじっくり観戦したことがなかった。
 8月20日、その大会の …続き (8/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]