2019年7月24日(水)

消費増税に備えた家計見直し、55%が関心
週末マネー講座 第2回読者アンケート結果

(1/3ページ)
2012/11/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

消費増税に向け、家計の見直しへの関心はどの程度広がっているのでしょうか。11月17日付「消費増税に負けない節約術 課税対象押さえ効率よく」の掲載を受け電子版会員に聞いたところ、最も多かったのは「取り組む考えはない」の42%でした。「増税とは関係なく常に支出抑制に取り組んでいる」「増税だからといって支出を抑えると景気悪化につながる」といった声が上がりました。ただ「税率が8%になる2014年4月前後に始める」(30%)、「既に取り組んでいる」(25%)を合わせると半数超が家計の見直しを意識していることが分かります。

増税などによる家計負担増で、今後最も影響を受ける支出項目では「食料費」が46%と断トツで、「日常でいちばん買うものだから」「購入を抑えるのが難しい」などの意見が目立ちます。次いで「教養・娯楽費」(16%)では「飲み代」や「旅行」、「その他」(11%)では「孫への出費」「小遣い」「家電や自動車などの耐久消費財」などが挙がりました。

今回のアンケートには341人の方に回答いただきました。寄せられた主なコメントは次ページ以降で紹介しています。「暮らしを磨く 週末マネー講座」では今後も、テーマごとにこうした意識調査を実施していく予定です。生活に密着したおカネに対する皆さんのご意見をお寄せください。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

週末マネー講座アンケート これまでの結果と読者コメント

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。