インタビュー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

藤原新「復帰戦へ…五輪で負け、ずぶとく」

(1/5ページ)
2012/11/20 4:00
共有
印刷
その他

 ロンドン五輪の男子マラソンに日本のエースとして出場しながら、2時間19分11秒の45位と惨敗した藤原新(ミキハウス)が12月2日の福岡国際マラソンに出場する。約4カ月ぶりの復帰戦に向けての胸の内は――。(聞き手は編集委員 吉田誠一)

福岡国際マラソンに出場する藤原新。復帰戦に向けての胸の内は…

福岡国際マラソンに出場する藤原新。復帰戦に向けての胸の内は…

ロンドン五輪の敗因は…

 ――8月12日のロンドン五輪はランニングフォームが崩れていたというが、あらためて、あの敗戦をどう分析し、敗因をどう解釈しているのか。

 「スイスのサンモリッツ(標高1700メートル)で行った高地トレーニングで体はできあがっていたけれど、いいときの体の動かし方ができなかった」

 「ロンドンのコースはカーブが非常に多く、変化に富んでいたので、リズムがつかみにくかった。普通は一度、いいフォームにはまれば、外れないものだが、ロンドンはまた外れてしまう可能性のあるコースだった」

 「もう一度、はめ直すことができなかったという点では、自分の力が足りなかったといえる。いいフォームにはまろうが、はまるまいが、走れてしまう選手もいるけれど、僕はそういうタイプではない」

 「それ以前に、ロンドン入りしてからは、あまりいいフォームでなかったような気もする。体ができていたので、フォームがおかしくても、体力で走れてしまう状態だった。だから、フォームの狂いに気づきにくくなっていた」

 「周りに『いい動きをしている』と言われて、安心してしまった面もある。自分では『まだ、まだ』と思っていても、その一方で安心したいという心理が働いていたのかもしれない。とにかく、修正能力が落ちていた」

いまは「マラソンは難しい」という意見に賛成

 ――スタート後、早い段階からつらかったというのは、フォームが狂っていたせいなのか。

 「そうとしか考えようがない。ドタドタしていたというか、キレが悪い走りになっていた気がする。帰国後も五輪の映像は見ていない。悪いときの映像は見ないことにしている」

 ――ケニア、エチオピア勢も金メダルは逃した。やはりマラソンは難しい。

 「いつか『マラソンは簡単』だと言ってみせるつもりです。でも、まだいまは『マラソンは難しい』という意見に賛成する」

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「体力強化が毎年の課題」と錦織

 キャリア最高の内容で2016年シーズンを締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で日本選手として96年ぶりにメダルを獲得し、四大大会では2度目の4強進出を果たすなどした。29 …続き (2016/12/22)

22日に開幕するバスケットボール男子の新リーグ、Bリーグ誕生=共同共同

 バスケットボール男子の新リーグ、Bリーグが22日に開幕する。これまで2リーグに分かれてプレーしていた選手が1つの舞台で競うことで日本代表の強化につながるとともに、ビジネスでも飛躍の場になると期待され …続き (2016/9/22)

朱董事長はサッカーW杯ロシア大会での中国のテレビ放映権料は約300億円と指摘

 拡大が続く中国のスポーツビジネス。同国でサッカー、テニス、ランニングなど幅広い事業を展開するのがスポーツマーケティング会社の北京欧迅体育文化(オーシャンズ)だ。創業者でもある朱暁東董事長に現状と今後 …続き (2015/7/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]