2019年1月20日(日)

グリー・DeNA、ゲーム健全化へ「不安」な船出
ソーシャルゲーム協会発足もヤフーめぐり不協和音

(1/4ページ)
2012/11/9 10:54
保存
共有
印刷
その他

 グリーとディー・エヌ・エー(DeNA)を中心とする業界団体「一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)」が8日、発足した。「さらに業界一丸となって、健全化に対して継続的に取り組む必要を感じた」とグリーの田中良和社長は目的を語る。しかし具体策や実効性に乏しいうえ、グリーとDeNAとの間に早くも不協和音が生じるなど、不安を感じさせる船出となった。

コンプガチャ問題などを経て、ようやく立ち上がった業界団体。ソーシャルゲームの自主規制ルールなどを定めていたネット大手6社の協議会を母体に、関連団体や、ゲーム開発会社など約50社の賛同を得て発足した。ミクシィ、サイバーエージェント、NHN Japan、ドワンゴがそれぞれ理事を出したが、実質は業界をけん引するグリー・DeNAの2社が仕切る体制だ。

ソーシャルゲーム協会の発足会見に臨んだグリーの田中良和社長(中)。両脇は、協会の事務局長に就いた慶應義塾大学の中村伊知哉教授(左)、同諮問委員会委員長に就いた一橋大学の堀部政男名誉教授

ソーシャルゲーム協会の発足会見に臨んだグリーの田中良和社長(中)。両脇は、協会の事務局長に就いた慶應義塾大学の中村伊知哉教授(左)、同諮問委員会委員長に就いた一橋大学の堀部政男名誉教授

共同会長・代表理事にはグリーの田中社長とDeNAの守安功社長がそれぞれ就任。訴訟合戦を含め激しく競合する両社のあいだを取り持つように、IT業界や政界に精通する"ご意見番"、慶応義塾大学の中村伊知哉教授が事務局長に就いた。事前には3人がそろって会見、「田中社長と守安社長が握手をする歴史的な2ショットが撮れる」との情報もあったのだが……。

「まず、おわびがございます。ご案内した際は(DeNAの)守安様がご出席とご案内しましたが、諸事情により、本日は欠席となりました」――。

■スマホ向けゲームでヤフーとグリーが包括提携

守安社長の突然の欠席。説明はこれだけだった。開始からおよそ40分。早々に質疑応答を打ち切り、写真撮影を済ました後、田中社長を取り囲んだ報道陣が「守安さんが出なかった理由を教えてください」と詰め寄るも、代わりにグリー広報がさえぎる。「申し訳ございません。次の予定がありますので。終了させていただきたいと思います」。田中社長は無言のまま、足早に会見場を後にした。

8日、会見するヤフー・グリーの両トップ。提携範囲はゲームや映像コンテンツの新会社設立など広範囲に及ぶ

8日、会見するヤフー・グリーの両トップ。提携範囲はゲームや映像コンテンツの新会社設立など広範囲に及ぶ

グリー・DeNAのトップがそろわなかった理由。それは、約2時間後の田中社長の「次の予定」にあった。

同日18時45分、場所は東京・六本木のミッドタウン。ヤフー本社が入るビルの会議室で、今度はヤフーとグリーによる包括的業務提携の記者会見が行われた。ヤフーは2010年4月、ゲームサイト「Mobage(モバゲー)」を運営するDeNAと提携し、同年10月よりパソコン向けのゲームサイト「Yahoo!モバゲー」を開始。現在は約900万人のユーザーを抱えている。

しかし、利用者が急増しているスマートフォン(スマホ=高機能携帯電話)向けのゲーム分野では、グリーを選んだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報