スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

自分に制限設けず技術磨く ラグビー・小野沢宏時(下)

(1/2ページ)
2012/11/3 22:38
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

昨秋、ニュージーランドで開催されたラグビーのワールドカップ(W杯)。チーム最年長の小野沢宏時(サントリー)はやはり頼みの綱だった。縮こまりがちだった日本代表の中で躍動。優勝したニュージーランドとの試合でも、個人技でトライを奪った。

W杯3大会「自分もチームも未熟だった」

4年に1度、世界一のチームを決めるW杯はラグビーに携わるものにとって特別な大会だ。

2003年のオーストラリア大会で初出場した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

駆ける魂 ラグビー審判・平林泰三


電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]