創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

集客に重点を置くべき国・地域についての読者のご意見
創論アンケート

(1/2ページ)
2012/10/28 3:30
共有
印刷
その他

▼「(韓国・中国・台湾を除く)その他アジア・オセアニア」と答えた方のコメント

30代男性
政治的リスクの高い中国より、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドからの集客にもっと力を入れるべきだ。
40代男性
安定した訪日需要を見込むためには、反日感情が少なく人口が増えている国を開拓することが重要になる。将来的には中韓台以外の国・地域を中心に集客するのが望ましい。
50代男性
中韓台の観光客はすでに取り込み済みで、今後頭打ちになるだろう。親日アジア諸国の富裕層をターゲットにしていくべきではないか。
50代女性
成長するアジア全域の観光客を増やし、日本ファンを開拓していく必要がある。
50代男性
ベトナムやミャンマー、インドネシア、インドなどの国々ともっと親交を深めたい。いつまでも韓国や中国一辺倒では政治リスクに左右され、観光以外でも不安がある。
60代男性
アジア全体における「観光ニッポン」の存在感を高めることが大切。観光に限らず、ビジネス効率がいいからといって中国事業ばかりを強化している経営者は短絡的だと思う。
60代男性
「ポスト中韓台」をにらみ、その他のアジアとオセアニアに着目すべきだ。インドネシアやマレーシアを開拓できれば中近東からの集客にもつなげられる。
  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ