スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

福原が成長、先陣託す 卓球女子監督・村上恭和(中)

(1/2ページ)
2012/10/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

ロンドン五輪の女子卓球団体戦。日本が五輪で初のメダルを決めたシンガポール戦で、1番手のシングルスに登場したのは23歳の福原愛だった。相手は右フォアハンドからの強打を武器に個人戦で銅メダルを獲得したフェン・ティアンウェイ。個人の3位決定戦では19歳の石川佳純が0-4で一蹴されていた。

ダブルスで確実に勝つ作戦

監督の村上恭和(54)が描いたシナリオは「ダブルスで確実に勝ち、フェン以外で2つ取る」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]