2019年2月18日(月)

インサイド/アウトサイド

フォローする

中日・権藤コーチ、1年で退団の必然

(1/3ページ)
2012/10/24 19:43
共有
印刷
その他

オール中日を売り物にしたドラゴンズの「高木内閣」が、1年で改造を迫られることになった。24日、中日は投手コーチ・権藤博(73)の退団を発表。「監督のイエスマンになるならコーチは要らない」といい、"上司"である監督・高木守道(71)との衝突も恐れなかった権藤の退団は中間管理職の難しさを考えさせる出来事でもある。=敬称略

「非円満退団」は近鉄時代にも

権藤の「非円満退団」はこれが初めてではない。

話は23年前に遡る。1989年、監督・仰木彬―投手コーチ・権藤のコンビで黄金期の西武を破り、巨人との日本シリーズに進んだ近鉄は3連勝で王手をかけながら4連敗。日本一を逃した。

投手ローテーションが問題になった。近鉄の先発投手、加藤哲郎の「巨人はロッテより弱い」発言の陰で目立たなかったが、シリーズ全体の流れの中でむしろクローズアップされるべきは先発のローテーションだった。

高木―権藤間の確執と同じことが仰木―権藤の間で起こっている。

3勝無敗からの4戦目、仰木は第1戦で先発したエース、阿波野秀幸であわよくば一気に勝負を決める腹づもりだった。

しかし、権藤が立てた先発は小野和義だった。シーズン後半はけがもあって勝ち星が伸びなかった小野だが、権藤としてはどうしても前半戦の投手陣を支えた「優勝の立役者」の労に報いたかった。

プライドとファイティングスピリット

「教えない教え」という本を出しているくらいで、権藤は技術を重視しない。重視しないというと語弊があるが、プロに入ってくるほどの選手はみんな素材としては一流であって、その良いところをみつけて伸ばしてやるのがコーチの仕事。悪いところを直そうとして理論を押しつけると選手をつぶしてしまう、というのがその基本的スタンスだ。

特に1軍で投げるような投手に対し、技術は説かない。重視するのは投手のプライドを守ること、ファイティングスピリットを注入すること。

そうした権藤の信念からして「小野に花を持たせたい」は当然の帰結だった。阿波野の肩に違和感があるとまでいわれて、しぶしぶその先発案をのんだ仰木だったが、納得したわけではない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
2日のブルペンでは左足の踏み出し位置やステップする幅を入念に確認しながら投げ込んだ=共同共同

 プロ21年目を迎えた巨人の上原浩治が復活を期し、宮崎の春季キャンプで若手に交じって汗を流している。左膝手術からの回復途上にあり、キャンプは2軍スタート。現役最年長投手として迎える開幕に照準を合わせ、 …続き (2/12)

菅野は4日、今季8度目の完封勝ちでリーグトップに並ぶ15勝目を挙げた=共同共同

 3位でクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残しながら、巨人の高橋由伸監督が今季限りでの辞任を表明した。最後まで波に乗れなかったチームにあって、圧倒的な存在感を放っているのが菅野智之だ。リーグ …続き (2018/10/9)

浅村は「チャンスの方が力を発揮しやすいタイプ」と自負する=共同共同

 西武が10年ぶりのリーグ優勝に近づいている。ヤマ場とみられた14日からの9連戦を8勝無敗で通過(雨天中止が1試合)。2位ソフトバンクとの直接対決にも3連勝してマジックを点灯させ、連戦前の3ゲーム差を …続き (2018/9/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]