創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

サイバー攻撃への備えと不安についての読者のご意見
創論アンケート

2012/10/14 3:30
共有
印刷
その他

▼「対策をしているが、なお不安はある」と答えた方のコメント

20代女性
遠隔操作ウイルスによるパソコン乗っ取りのニュースは衝撃だった。誰にでも起こり得ることだと思う。
回答者の内訳
回答総数559
男性94%
女性6%
20代6%
30代9%
40代23%
50代25%
60代24%
70代11%
80代以上1%

小数点以下は四捨五入

20代男性
市販のウイルス対策ソフトを導入したり、ファイアウオールを設定したりしているが、ハッカーはそれを超える攻撃を仕掛けてくる。
30代男性
最近の標的型攻撃など、既存のセキュリティー対策では効果がないケースも発生している。いたちごっこの様相だ。
40代男性
いつ、どんな形で攻撃を受ける可能性があるのか、いまの対策で十分なのかが分からないので不安だ。
40代男性
組織的に攻撃されたら、個人のレベルでは防ぎようがないだろう。
50代男性
ウイルス対策ソフトと基本ソフト(OS)のこまめなアップデートに加え、見知らぬメールは削除し、怪しげなサイトは見ないようにしている。それでも意図的なサイバー攻撃にどれだけ対応できるのかは分からない。
60代男性
政府機関が被害に遭うくらいだから、個人レベルでどんな対策をしてもプロの手にかかったら防御しきれないと思っている。
60代男性
市販の対策ソフトは後手に回っており、防御できるまでには時間差がある。また、素人にはどのソフトが本当に有効なのか判断できない。

▼「対策をしておらず不安なので、これから備えたい」と答えた方のコメント

50代男性
他人ごとではないと思い、恐怖感が募った。

▼「対策をしており、不安はない」と答えた方のコメント

20代男性
パソコンは最新のソフトで長年セキュリティー対策をしており、トラブルには遭っていない。だから対策ソフトを信頼している。

▼「対策をしていないが、不安はない」と答えた方のコメント

60代男性
サイバー攻撃を受けるようなパソコン環境ではないし、攻撃されて困るような情報も持っていない。現在の対策ソフトで大丈夫だと思っている。
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ