創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

幸福度を最も高めるものについての読者のご意見
創論アンケート

2012/9/23 3:30
共有
印刷
その他

「家庭」と答えた方のコメント

30代男性
家庭を守るため最低限の収入は必要だが、家庭を犠牲にして収入だけ増えても幸せにはなれない。仕事についても同様で、出世だけが目的になっては仕事は楽しめず結果も伴わなくなると思う。
50代男性
人の幸福の原点は家庭だと思う。いい家庭を築き、人生をつつましやかにでも楽しむことをいまの日本人は忘れているのではないか。収入や仕事などはそれを補完するもの。いい国はいい家庭があってこそ生まれ、継続できるものだ。
60代男性
幸せな人間関係が、落ち着いた平和な社会を生み出す。デモに走り暴徒化する隣国の人々を見ていると、つくづくそう思う。

「健康」と答えた方のコメント

40代女性
健康で生きていられることに感謝して暮らしている。
60代男性
物質的に豊かではなくても、健康で精神に余裕を持った生き方をしていきたい。
70代男性
まず健康が第一。そのうえで努力して働き、収入を得る。経験や知識を積み重ねて収入を増やし、家庭を築いたり趣味を持つことで、生活の幸福度を高めればいい。

「収入」と答えた方のコメント

30代男性
収入のある人は、ぜいたくもできれば質素な生活を送ることもでき、人生に選択の幅が広がる。後者を選択する高所得者が少ないから誤解があるだけで、収入の少ない人はそれに合わせた選択しかできない。
50代男性
5つの選択肢に順位はつけづらいが、まさに「衣食足りて礼節を知る」だ。

「仕事」と答えた方のコメント

40代男性
日々費やしている時間が最も長いことと、仕事の幸福度や満足度が低いと収入や健康、家庭にも影響が出るから。

「趣味」と答えた方のコメント

40代男性
仕事が趣味でもいいし、釣りやマラソンが趣味でもいい。人それぞれがやりたいことを見つけられることがいちばん大事だ。
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ