2019年1月23日(水)
スポーツ > コラム > 記事

解説者の目(山口香)

旗判定が一変…柔道、競技に水を差す「ビデオの目」

(1/2ページ)
2012/7/30 0:29
共有
印刷
その他

柔道の判定において「ビデオの目」の影響力が増すことに懸念を抱いてきたが、ついに問題点がもっともまずい形で出た。それが男子66キロ級の準々決勝、海老沼匡-チョ準好(韓国)戦の判定だった。

柔道男子66キロ級準々決勝、判定が変わり韓国のチョを判定で下した海老沼=写真 佐光恭明

柔道男子66キロ級準々決勝、判定が変わり韓国のチョを判定で下した海老沼=写真 佐光恭明

畳の上の3審判の旗判定で一度はチョに3本上がった。それがビデオをチェックしている舞台袖のジュリーからの指摘で覆り、前代未聞の再度の旗判定は海老沼に旗3本。

日本の海老沼が勝ったからいいというものではない。こんなにころころ判定が変わるなら、選手は何を信じて戦えばいいのかわからなくなる。

柔道におけるビデオ判定の導入は現在、男子チームを率いる篠原信一監督が敗れたシドニー五輪の決勝で、どちらが技を仕掛けたのか微妙で「誤審では」との議論がわき起こったことから議論が進んだ。

導入当初、ビデオはあくまで補助的なものであるはずだった。

篠原さんのようにどちらが技をかけたか判別しにくいケースや、技をかけたのが場外か場内か微妙といったケースなどに限られるはずだった。

野球でいえば本塁打かファウルかといった、ビデオに任せた方がはっきりするというケースのみだ。逆にいえば、技の勢いや体勢など技の評価に関する部分はビデオでなく、人間の目で判断するというのが大前提のはずだった。

ところが近年の大会では畳の上の主審と副審2人の目より、ビデオが偉くなっている。つまり「センターテーブル」と呼ばれる舞台袖に控えた"第4の審判"、ジュリーの権限が異常に大きくなっているのだ。

今大会はビデオをチェックしているジュリーの指摘を受けて、有効、技ありなどのポイントが取り消されることもしばしば。私の見る限り、これまでのところジュリーが何か指摘して判定が変わらなかったことはない。

ここが問題でジュリーの判断がほぼ絶対のものになっている。これでは畳の上の審判は何のためにいるのかということになる。

海老沼のケースでも最初の旗判定のあと、ジュリーに注文をつけられた3審判が一度額を寄せて、何かを協議した。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

解説者の目(山口香) 一覧

男子100キロ超級、2回戦でベラルーシ選手に敗れ座り込む上川=写真 佐光恭明

 銀メダルを取ったとはいえ、女子78キロ超級の杉本美香(コマツ)は今大会の日本勢を象徴するような戦いぶりだった。決勝戦も勝てない相手ではなかった。
 なのに、攻めずして負けたというか、フラストレーション …続き (2012/8/4)

女子57キロ級決勝でルーマニアのカプリイオリウを攻める松本=写真 佐光恭明

 48キロ級の福見友子(了徳寺学園職)、52キロ級の中村美里(三井住友海上)が相次いで敗れ、これまで女 …続き (2012/7/31)

柔道女子52キロ級、2回戦で北朝鮮のアンに敗れた中村=写真 佐光恭明

 2日続けて、女子柔道が五輪ならではの落とし穴にはまり込んでしまった。ただし、52キロ級の中村美里(三井住友海上)は、初の五輪という重圧に押しつぶされた前日の48キロ級・福見友子(了徳寺学園職)とは違 …続き (2012/7/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]