創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

日本政府に期待する対応についての読者のご意見
創論アンケート

2012/7/22 3:30
共有
印刷
その他

「北極海沿岸国との関係強化」と答えた方のコメント

30代男性
アメリカやカナダ、ノルウェー、アイスランド、デンマークと連携してロシア、中国と対抗する。とりわけ北極海になんの利権のないと思われる中国をけん制する必要がある。
40代男性
北極海戦略については、あまり特定の国に偏らず関係を強化するのが無難ではないか。
60代男性
日本は北極海沿岸国との関係でリーダー的な役割を果たし、存在感を発揮してほしい。
70代男性
国連を通じた環境保全の観点から、日本も北極海沿岸国と協議していくべきだ。

「省庁の縦割りを打破した戦略本部の設立」と答えた方のコメント

30代男性
北極海をどのように活用すべきかという国家レベルでのビジョンがなければ、他国と対等に交渉することもできなくなる。
40代男性
何事もオールジャパンで判断・推進できるようにしなければ、国の価値は向上しない。
60代男性
北極海にとどまらず、海洋問題は世界の国々が対応を迫られている国際問題。海に囲まれている日本が国家として取り組み、世界をリードしていくべきテーマだ。
70代男性
資源確保のための国家戦略なくして日本の今後の発展はあり得ない。民間に依存するだけでなく、国家としての明確な方針を打ち立てるべきだ。

「砕氷船しらせの北極海派遣など国の有する手段のフル活用」と答えた方のコメント

20代男性
はやりで北極海に出て行くのもいかがなものか。とりあえずはしらせという持ち駒を有効活用すればよいのでは。
60代男性
日本単独でもできることから始めるべきだ。各国との協調は難しいだろうから、ゆっくりと進めざるを得ない。
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ