スポーツ > コラム > 記事

主役をつかめ

やるからには北島超え 競泳 萩野公介

(2/2ページ)
2012/7/20 16:00
保存
共有
印刷
その他

遠征にはAKB48のライブDVDを忘れない。漫画の名探偵コナンを全巻そろえるのが目標。プールを離れればどこにでもいそうな17歳だ。

でも、夢を聞かれて「老後の人生で世界遺産を巡りたい」と答えるあたりが少し変わっている。海外文化への興味が高じ、合宿にゲスト参加していたスウェーデン人スタッフに果敢に交流を申し出た。

そんな向学心の源は「競泳を終えた後の人生も長い。その人生も大事にしたい」との思い。勢い任せで突き進むつもりはないものの、初めての五輪に燃えるものはある。「やるからにはメダル。4分8秒で泳ぎたい」

北島も初めての五輪(2000年シドニー)はメダルに届かず4位(100メートル平泳ぎ)だった。個人メドレーは世界選手権5冠のロクテや北京五輪8冠のフェルプス(ともに米国)も得意な難関種目だ。

それを承知のうえで、前田コーチも勝負を意識する。「高校生のときの北島君と同じ4番か、それを超えたい。4年後も考えると最低でも決勝に残らないと」。いい経験で終わらせるつもりはない。

(岸名章友)

 はぎの・こうすけ 1994年8月15日、栃木県生まれ。小学3年生ころから競泳を始める。作新学院へ進み、高1から国際大会派遣選手の一員に。2011年世界選手権は選考会で体調を崩して出場を逃した。今年4月の日本選手権(代表選考会)で個人メドレー2冠。得意は背泳ぎ、苦手は平泳ぎ。身長175センチ、体重70キロ。

〔日本経済新新聞朝刊5月30日掲載〕

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

主役をつかめ 一覧

新城は少人数で逃げるレースをけん引し、最後まで足をためておくことができる

 生まれは沖縄・八重山、育ちはフランス。新城幸也(ヨーロッパカー、27)は自転車ロードレースの本場、欧州たたき上げの日本人レーサーだ。
 五輪には初参戦でも、由緒ある「3大ツール」では知られた顔だ。日本 …続き (2012/7/27)

田中和にとって平行棒は「相棒」だ

 体操の男子代表、田中和仁(27、徳洲会)には得点を稼げる種目が2つある。平行棒と鉄棒だ。2009年の世界選手権で種目別銅メダルを獲得した平行棒は「高校の時から得意だった」。一方、鉄棒は「もともと苦手 …続き (2012/7/26)

女子470級で近藤(左)と田畑組は世界ランク1位=共同共同

 動力を持たない全長470センチメートルのヨットを、風の力と乗員2人の判断力だけで走らせる。このセーリング470級で近藤愛(31、アビーム)と田畑和歌子(28、同)のペアは目下、世界ランキング1位にい …続き (2012/7/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]