2019年7月22日(月)

中国の製造業景況感、2カ月連続で悪化
6月、輸出伸び悩み

2012/7/1付
保存
共有
印刷
その他

【北京=大越匡洋】中国物流購入連合会が1日発表した6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は、前月に比べ0.2ポイント低下の50.2となった。製造業の景況感を示す同指数の悪化は2カ月連続で、足元の景気の下振れ圧力の強さを反映した形だ。景気の拡大、悪化を判断する節目となる50は辛うじて上回った。

PMIは全国の製造業820社へのアンケート調査を基に算出する。生産や受注などについて50を上回れば拡大、下回れば縮小を示す。PMIは5月に6カ月ぶりに悪化に転じ、低下幅も前月比2.9ポイントと大きかった。6月は低下幅は縮小したものの、悪化が続いた。

項目別をみると、新規受注指数が0.6ポイント低下の49.2。生産指数は0.9ポイント低下の52.0に悪化した。長引く欧州債務危機で外需が振るわず、輸出の伸び悩みが生産活動の鈍化に及んでいる状況がうかがえる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。