スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

なでしこ、敗戦でつかんだ五輪への手応え
サッカージャーナリスト 原田公樹

(3/5ページ)
2012/6/22 7:00
共有
印刷
その他

逆になでしこの選手たちは「やっぱり米国にはかなわない」というネガティブな印象を植えつけられてしまった。

翌日の練習では明るく

ところがその翌日、なでしこらしい光景が見られた。スウェーデン戦の前日練習で、チームはやたら明るかった。

ウオームアップのときから主将のMF宮間あや(岡山湯郷)やFW大野忍(INAC神戸)らが「キャーキャー」「ワーワー」と大はしゃぎ。どんよりとしたチームの雰囲気を振り払おうと必死だった。

こうしたチーム全体の修正能力は、女子W杯でも発揮された。なでしこの強さの秘密でもある。

宮間、淡々と敗因分析

実は米国戦後、ほとんどの選手が落ち込み、自らのふがいなさを悔いるなか、大はしゃぎの「扇動者」である宮間だけは淡々と冷静に敗因を語っていた。

「これまでも実力の差を実力で埋めていたわけじゃない。戦術や戦い方で埋めていて、最近はそういう試合が続いていただけ。相手のよさが出ると、こういう試合になるということです」

さすがになでしこ切っての戦術家だ。記者たちがフムフムと聞き入るなか、こう続けた。

「相手は世界一のチームなんで、ちょっとでもスキを見せれば、こうなるということ。もう一度、映像を見て、どうすればいいか考えたいです。ショックですけれど、本番じゃなかったので、よかったです。スウェーデン戦で修正したい」

その言葉通り、ボランチとして先発したスウェーデン戦の宮間は光っていた。

正直いってスウェーデン戦の内容は、全体的に見れば、たとえば昨年のW杯準決勝のスウェーデン戦と比べたら、今回のなでしこが控え組中心だったことを差し引いても、いまひとつだった。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]