2019年9月17日(火)
スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

なでしこ、敗戦でつかんだ五輪への手応え
サッカージャーナリスト 原田公樹

(1/5ページ)
2012/6/22 7:00
共有
印刷
その他

女子サッカーの「なでしこジャパン」(日本女子代表)はロンドン五輪で、メダルを獲得する。黄金色に輝くものかどうか分からないが、五輪で初めて表彰台に上がる実力はある。本番5週間前にスウェーデンで行われた、3カ国対抗国際大会「スウェーデン招待」を取材し、そう確信した。

なでしこの仕上がり具合はまだまだ

昨年の女子ワールドカップ(W杯)で優勝した世界王者なのだから「メダルを取って当たり前」と思っている人や、「米国に大敗したのに大丈夫か」と感じている人は多いだろう。

イエーテボリとハルムスタードの2都市で行われたこの大会には、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位の米国と、同3位の日本、同4位のスウェーデンという五輪へ出場する強豪3カ国が参戦し、米国が2連勝して優勝を飾った。

なでしこは米国に1-4で大敗したが、スウェーデンには1-0で辛勝。そのスウェーデンは地元で2連敗した。3チームの仕上がり具合をひと言でいうと、戦績通りに米国はダントツに強く、日本はまだまだで、スウェーデンはさっぱりだった。

猛プレッシャーをかけてきた米国

たしかに日本戦の米国は強かった。序盤から走り回って猛プレッシャーをかけてきて、2日前にスウェーデンにダラダラと戦って3-1で勝ったときとはまったく別のチームだった。

昨年の女子W杯で日本はキックオフの笛の音が鳴った瞬間から相手に猛プレッシャーをかけて勝利を重ねたが、まさにそのときの日本と同じように、いやそれ以上の圧力をかけた。

パニック状態に陥ったなでしこの選手たちは、頭が真っ白になったに違いない。さらに米国はボールを奪うと速いパス回しとロングボールを巧みに併用し、開始10分で2ゴールを奪った。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。