創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

「決まらない政治」の原因についての読者のご意見
創論アンケート

(1/2ページ)
2012/6/17 3:30
共有
印刷
その他

▼「世襲の増加などによる政治家の練度不足」と答えた方のコメント

50代男性
決めるという覚悟が感じられない。政治家としてのポーズをとることが優先されていて、何に反対し憤っているのかが分からない。政治家という「役」を演じているだけのようにしか見えない。
50代男性
国会議員になることが目的になっていないか。議員になることは国政をつかさどるための手段であり、ゴールではない。それをきちんと認識して活動している国会議員が少ないと思う。
60代男性
政党がタレント議員や世襲議員などを寄せ集める数合わせに終始するようになり、政治家の質が落ちている。日本の政治はいったん落ちるところまで落ちないと何も変わらないように思える。
60代男性
国民無視の国会ごっこが政治だと思っている。右肩上がりの時代なら国会議員はレベルが低くても務まったかもしれないが、これだけ厳しい経済環境のいまも議員の質が上がっていないのが問題だ。
60代男性
未成熟な国民を代表する、党利優先で未成熟な政治家に原因がある。
70代男性
政治家の練度不足より「政党の質」が問題だ。自身の選挙のことしか考えず政党を選んでいる議員がなんと多いことか。政党や選挙制度のあり方を、国民自身が真剣に考えなければいけない時代になっている。
  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ