スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

意外に不人気…五輪サッカー、チケット売れ残りの理由
サッカージャーナリスト 原田公樹

(4/4ページ)
2012/5/25 7:00
共有
印刷
その他

もちろん英国代表を率いるスチュワート・ピアース監督のことや、候補に挙がっている選手の名前もよく知っている。知識は豊富にあるが、単に興味がないのだ。

先日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝には、世界各国から記者が集まっていた。ここでも懐かしい顔の知り合い記者たちに話を振ってみた。出場国のスペインやブラジルの記者でさえ、口をそろえて「五輪サッカーは記事になりにくい」という。

クラブ中心のサッカー文化

もともと欧州や南米では、フル代表でさえ、あくまでも「選抜チーム」であり、期間限定のチームにすぎない、という考え方が浸透している。

つまり所属するクラブチームがメインで、代表はW杯や欧州選手権や南米選手権といった国際大会のための一時的な「名誉チーム」にすぎない、というものだ。

日本には、自分のひいきクラブは特にないけれど「日本代表は好き」というサッカーファンが結構いる。

だが、少なくとも欧州では、サッカーファンというのは代表チームでなく、自分のひいきのクラブを持っていることを意味する。クラブ中心のサッカー文化が根づいている。

別に日本独自のスタイルがあっていいし、こうした日本の文化を卑下するつもりも毛頭ない。ただ世界や地元英国のこうしたバックグラウンドや現状を知っておいても、決して損はないはずだ。

「スポーツ」の週刊メールマガジン配信中

人気記事をまとめてチェック >>設定はこちら

Twitter
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]