2019年6月25日(火)

インタビュー

フォローする

藤原新「マラソンは振り返ってはいけない」

(1/5ページ)
2012/5/25 7:00
共有
印刷
その他

 男子マラソンの代表に選出された藤原新選手(30)は4月中旬から3週間、米国カリフォルニア州のカーメルで走り込みました。帰国後は5月13日の仙台国際ハーフマラソン(宮城)と、同20日の高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(岐阜)で、ともに1時間3分台をマークして日本人トップに。子供服のミキハウスと所属契約を結び、ロンドンに向けた歩みが加速しています。

仙台国際ハーフマラソンを1時間3分32秒で走り、日本人トップの2位でゴールする藤原新(13日、仙台市陸上競技場)

仙台国際ハーフマラソンを1時間3分32秒で走り、日本人トップの2位でゴールする藤原新(13日、仙台市陸上競技場)

■日本を離れても同じ練習ができるように

4月に合宿を張ったカーメルは変化に富んだところでした。カーメルバレーという谷は緑に覆われているけれど、ちょっと郊外に行くと砂漠のようなところがあって、海沿いは寒流のせいで寒い。知人の紹介で使わせていただいた別荘は、森の中にありました。

走る環境は最高で、林と草原に囲まれた片道1キロと2キロのロードと、1周1.6キロのクロスカントリーコースを主な練習場所として設定しました。自然の中で走ると気持ちがいいです。

合宿の狙いは、日本を離れて環境が変わっても、いつもと同じ練習ができるようにするためです。

オリンピックは海外で行われるのだから、日本を離れても同じパフォーマンスが出せるようにしておかなくてはなりません。そうした順応性を高めるためというか、自分をスケールアップさせるための合宿でした。

海外に出た方が面白い

単純に、海外に出た方が面白いというのもありました。「面白い」というのはモチベーションを高める要素になります。この際だから、違う世界も知っておいた方がいいと考えていました。

米国に行ったからといっても、練習のコンセプト自体は変えていません。

当面は、1キロを3分を切るペースで20キロ走れるようにするという目標を掲げています。しかし、いきなりそうはできないし、する必要もありません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
日本出身で初の1億円選手になった富樫(右)と写真撮影に応じる千葉ジェッツふなばしの島田社長

 バスケットボール男子Bリーグで日本出身者として初の1億円プレーヤーが誕生した。千葉ジェッツの司令塔、富樫勇樹(25)。長く実業団リーグとして運営され、2016年までの2リーグ分裂時代には国際競技団体 …続き (6/5)

ムグルサは「できるだけ長い間、トップでいたい」と語る

 テニスのウィンブルドン選手権で今季、女子シングルスを制した23歳のガルビネ・ムグルサ(スペイン)が9月11日付の世界ランキングで1位になった。1975年に現在のランキング制度を導入してから24人目の …続き (2017/9/20)

「体力強化が毎年の課題」と錦織

 キャリア最高の内容で2016年シーズンを締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で日本選手として96年ぶりにメダルを獲得し、四大大会では2度目の4強進出を果たすなどした。29 …続き (2016/12/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]