創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

巨大地震への備えについての読者のご意見
創論アンケート

(1/2ページ)
2012/5/13 3:30
共有
印刷
その他

▼「何らかの対策は必要だが、手の打ちようがない」と答えた方のコメント

20代男性
500年に1度なのか1000年に1度なのか分からないが、毎日地震のことばかり考えて生活なんてできない。阪神大震災を経験したが、はっきり言ってどうにも対処しようがないのが現実だった。
回答者の内訳
回答総数989
男性89%
女性11%
20代5%
30代12%
40代26%
50代24%
60代24%
70代8%
80代以上1%

小数点以下は四捨五入

30代男性
防災グッズの用意や家具の固定など、自分の身や家庭を守る最低限の準備はするべき。だが大規模な地震に対しては国主導でインフラ整備や非常時の初動など災害に強い社会を構築すべきだ。
40代男性
巨大地震がきたら終わり。自然の力には勝てないとあきらめる。
50代男性
過剰反応するのは簡単だが、100%身を守れる備えは不可能。できることをするだけだ。
60代男性
費用対効果や何を優先すべきかが分からず、何から手をつけたらよいかもはっきりしない。
60代男性
100年に1度の地震は常に想定し、真剣に備える。だが1000年に1度の地震については運命に任せる。
  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ