2019年8月20日(火)

スペシャル

フォローする

早大の新人右腕、吉永がたどる「斎藤佑樹」と同じ道

(1/2ページ)
2012/4/28 7:00
共有
印刷
その他

神宮を沸かせた早大の斎藤佑樹がプロ野球・日本ハムに入団してから早くも1年余りがたつ。スターが去ってやや寂しかった東京六大学野球に、新しい風が吹き始めた。昨年夏の甲子園で活躍した1年生たちが、早くも相次いでデビューを果たしている。注目は全国制覇した日大三高のエースで、早大に入学した吉永健太朗。なにかと共通点の多い右腕は、「第2の斎藤」になれるだろうか。

5回までパーフェクト

4月22日、薄曇りの日曜日。早大にとって今季の開幕カードとなる対東大の2回戦で、先発のマウンドに立ったのは1年生の吉永だった。

直球は最速140キロ止まりだったが、決め球のシンカーを武器に東大打線を牛耳った。五回までは1人の走者も出さないパーフェクト。六回に先頭打者に初安打を許したものの、その後のピンチを冷静に切り抜けた。6回1安打無失点で勝利投手となる堂々のデビューだった。

この投球で思い出すのが5年前の斎藤だ。ともに夏の甲子園優勝投手で、神宮デビューは1年春の開幕カード東大戦。背番号も同じ16番をつけている。

さらに五回までパーフェクトで、六回の先頭打者に初安打を許すという試合展開もうりふたつ。6回1安打無失点で勝利投手になり、最終スコアが8-0というところまで同じだった。

目標は「30勝、300奪三振」

出来すぎともいえるような歩みで、斎藤のたどった道のりをトレースしている吉永。六大学でも目標を聞かれると、吉永は斎藤の達成した「30勝、300奪三振」と言い切る。

とはいえ、そのスター性ではまだ遠く及ばない。5年前、斎藤の神宮デビューは地上波でテレビ中継され、観衆は1万8000人だった。吉永のデビュー戦は5000人、もちろんテレビ中継もなかった。斎藤のデビュー戦ではスタンドに女性がずらりと詰めかけて声援を送ったが、そうした風景は斎藤の卒業後、ぱったりと姿を消した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
5月の巨人―中日戦では始球式を務めた=共同共同

 米プロバスケットボール、NBAのドラフト1巡目全体9位でワシントン・ウィザーズに指名された八村塁に大きな注目が集まっているが、メンフィス・グリズリーズと2ウエー契約(注)を結ぶ渡辺雄太にとっても今季 …続き (7/1)

NBAのドラフト会議でウィザーズから日本人初となる1巡目指名を受け、笑顔で天を指さす八村(NBAE提供)=ゲッティ共同ゲッティ共同

 「クラスメートにバスケ部の子がいて、その子が『来い来い』ってしつこくて(笑)」
 2010年4月、八村塁は富山市立奥田中学に入学。同じクラスとなり、春休みからバスケットボール部の練習に参加していた岡山 …続き (6/24)

カナダ勢で初めてNBAの頂点に立ち、優勝トロフィーを掲げて喜ぶラプターズの選手ら=APAP

 2018~19年シーズンの米プロバスケットボールNBA王者を決めるファイナル(決勝)で、トロント・ラプターズが初優勝を果たした。6月13日、3勝2敗と王手をかけて迎えた敵地での第6戦で、3連覇を狙っ …続き (6/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。