2019年5月22日(水)

インタビュー

フォローする

ドルト連覇…香川真司「僕がレベルアップしたところ」

(1/5ページ)
2012/4/25 7:00
共有
印刷
その他

加入2年目の今季は13得点、チームの連覇に貢献した香川真司=写真 カイ・サワベ

加入2年目の今季は13得点、チームの連覇に貢献した香川真司=写真 カイ・サワベ

サッカーのドイツ1部リーグのドルトムントが2年連続8度目の優勝を決めた。加入2年目の日本代表MF香川真司(23)は13得点、9アシストの活躍でチームをけん引した。昨季は右足小指の骨折で後半戦を棒に振ったが、今季はフルに働いての栄冠。この1年を振り返り、胸の内を語ってもらった。(聞き手は編集委員 吉田誠一)

辛抱強くやってきたことが実を結んだ

――2年連続で厳しいリーグを制した。

「(ボルシアMG戦で)自分がゴールを取って優勝を決めることができたのはうれしい。シーズンの前半戦はチームとしても個人としてもうまくいかず、苦しかったので、優勝が決まった瞬間はいろんなものがこみ上げてきた。うまくいかない中でも自分を信じて、辛抱強くやってきたことが実を結んだ。この1年で精神的な強さを身につけることができたと思う」

――シーズン序盤はチーム全体がもがいていた。

「キャンプでの状態は良かった。体の調子は良かったし、ハンブルガーSVとの開幕戦(昨年8月5日)もいい形で勝てた。そのあと、日本代表の韓国戦(同10日、2得点)で帰国し、ドイツに戻ると体のキレが悪くなっていた。運動量も体のキレも落ちていた。それが続くことで、精神的にも疲労を感じるようになった。チームとしても、序盤戦は攻撃がかみ合わなくて、守備もはまらなかった」

■シーズン序盤は苦労した

――昨季、攻撃を組み立てていたボランチのシャヒンが移籍し、FWバリオスは南米選手権の故障で長期離脱した。

「ドルトムントはクロップ監督があまりメンバーを変えずに戦ってきた。そういう中でチームの中心選手が抜けた影響は大きかった。チームとして、さまよっていた感じがする」

「シャヒンがいなくなり、シーズン序盤はボランチからトップ下の僕になかなか、くさびのパスが来なくなったので苦労した。代わりにボランチに入った新加入のギュンドガンはもともとトップ下の選手なので、慣れるまでに時間がかかった。加入1年目で、しかもポジションが変わったのだから、戸惑いがあったと思う」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
川崎一筋17年目の中村憲剛。生え抜きがクラブを支えるという

 2月22日に開幕するサッカーの明治安田生命J1リーグ。優勝候補の筆頭は、3連覇に挑む川崎フロンターレだろう。チームの旗頭(バンディエラ)である38歳のMF中村憲剛に話を聞いた。
 ――キャンプの感触は …続き (2/19)

日本代表に「W杯では様々なことが起こりうる。サプライズをおこしてほしい」とエールを送る

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が14日に迫った。大会の行方やアジアのチームの見通しについて、韓国代表の元主将でイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した朴智星(パ …続き (2018/6/11)

中田氏は4月から筑波大大学院で社会工学を専攻する

 元サッカー日本代表の中田浩二氏(38)は2014年の引退後、多くのサッカー選手とは異なり、スポーツビジネスへの道を歩み始めた。現在はJ1鹿島でクラブ・リレーションズ・オフィサー(CRO)としてスポン …続き (2018/4/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]