出版デジタル機構発足、動くか"電子書籍後発国"
アマゾン「キンドル」との複雑な関係

(1/4ページ)
2012/4/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 出版業界が巨額の資金を手に出版物100万点の電子化作業に着手する。4月2日、新会社「出版デジタル機構」が発足した。産業革新機構が最大150億円を出資し、電子書籍の普及を後押しする。今年は米アマゾン・ドット・コムの電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」がついに上陸するとも噂される。楽天も参入を準備している。今年こそ本当の「電子書籍元年」となるのか。

「電子書籍元年と言われてから2年。端末や電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

「iPad革命」の裏側

電子版トップ



[PR]