創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

中国が取り組むべき課題についての読者のご意見
創論アンケート

2012/4/8 3:30
共有
印刷
その他

▼「民主的な政治への改革」と答えた方のコメント

30代男性
民主的でないからこそ、国民の所得格差も他国との摩擦も解消できずにいるのだと思う。
回答者の内訳
回答総数282
男性91%
女性9%
20代6%
30代15%
40代19%
50代23%
60代24%
70代11%
80代以上0%

小数点以下は四捨五入

60代男性
共産党が牛耳る政権運営はそろそろ限界にきている。意思決定の速さは経済発展には有利だが、その副作用として所得格差や外交摩擦が顕在化している。
70代男性
中長期的にみて、政治改革なしに安定的な経済成長も所得格差の解消も困難。党も政府も、国民が納得する政治環境を早急につくるべきだ。

▼「他国との摩擦回避」と答えた方のコメント

20代男性
グローバル化によって高い経済成長を維持している国だけに、外交上の問題が大きくなれば致命的な大打撃になりかねない。
30代男性
情勢が不安定になると、わざと敵を作って注意をそらすという手法はよくあるが、中国のやり方は火のないところにわざと火をつけて煙を立てているようなものだと思う。
40代男性
経済成長に伴い、近隣諸国と領土や利権を巡って積極的に争う姿勢が目立ってきた。今後は軍事的な成長も脅威に感じる。

▼「所得格差の解消」と答えた方のコメント

70代男性
所得格差が拡大すれば国内の不満が外に向き、近隣諸国との摩擦が増大するだろう。
70代男性
一党独裁政治下で管理された市場経済の中で国有企業は富み、民営企業は自主経営を強いられている。所得格差は解消どころか拡大に向かい、今後ストライキや暴動でますます社会不安が増大するのではないか。

▼「安定的な経済成長」と答えた方のコメント

30代男性
経済や政治モデルはそれなりによくできている国だと思うので、まずは成長を保つことが世界にも貢献することになる。格差や政治に関しては他国の過度な関与は無意味だし、中国もまったく受け入れないだろう。
40代男性
いま中国に求められているのは新興国の雄であることだ。
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ