創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

今後の日中関係についての読者のご意見
創論アンケート

2012/4/8 3:30
共有
印刷
その他

▼「変わらない」と答えた方のコメント

30代男性
現在の政治体制が続く限り、飛躍的に良くなることはないだろう。小さなことはいろいろあるだろうが、大局的には膠着状態が続く気がする。
30代男性
良くなる必要もない。
40代男性
中国は外交上手で、日本は下手。だから中国にやりたいようにやられ、日本は抵抗できないし政治家は中国に媚びる。関係はずっとこのままだ。
50代男性
対中政策で筋を通せない日本政府の対応では変化のしようがない。
50代男性
中国は変わらないということを如実に示すのが今回の人事ではないか。

▼「悪くなる」と答えた方のコメント

40代男性
中国の覇権主義や周辺国の領土への野心、国際慣習無視の態度が改善されなければ、日中関係は悪化すると思う。
50代男性
経済成長とともに国益の名のもとに傲慢になる中国とは良好な関係を築きにくい。
60代男性
日本は中国との関係が悪くなっても正々堂々と主張すべき。対中外交で世界から理解され、支持される発言をしていくべきだ。

▼「良くなる」と答えた方のコメント

30代男性
日本は先進国として中国の懐に飛び込みつつ、互いの接点を探るべき。それができなければ沈んでいくだけだ。
60代男性
中国も一国だけで豊かになれないと分かっているはずだ。まして戦争などで国力を減退させている米国にも学んでいるはず。他国とはできるだけ仲良くして国力を高める政策をとると思う。
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ