2019年7月21日(日)

「仕事はあるが集まらない」 被災地雇用の現実
縮む就労意欲 糸口探る企業とNPO

(1/6ページ)
2012/3/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災で職を失った被災者は20万人ともいわれる。「被災地に雇用を」。国や自治体、地元企業が雇用創出に取り組み、求人は増えた。だが被災地では、いまだ多くの失業者が残る一方、人手不足に悩む企業が続出している。複雑な事情をはらんだ被災地の雇用問題。それでも雇用創出に奮闘する造船会社とボランティアに解決の糸口を見た。(文中敬称略)

漁業復興に欠かせない漁船を地元で作り、新産業として雇用も生む――。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

深刻化する雇用のミスマッチ

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。