2019年4月25日(木)
スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

女子バレー、日本の攻守の柱 東レ・木村沙織(上)

(1/2ページ)
2012/3/10 7:00
共有
印刷
その他

17歳で出場したアテネ五輪から8年が過ぎた。「スーパー女子高生」と騒がれたバレーボールの木村沙織(25)は、今や攻守の柱として全日本を引っ張る存在だ。日本女子は一昨年の世界選手権、昨年のワールドカップ(W杯)で結果を残し、輝きを取り戻しつつある。五輪での28年ぶりのメダル獲得を目指し、木村は「ロンドンしか考えていない」と前を向いている。

今や攻守に全日本を引っ張る存在となった

今や攻守に全日本を引っ張る存在となった

■あと一歩で五輪切符に届かなかったが…

あと一歩で五輪出場権(3位以内)に届かなかった昨年11月のW杯。世界ランク1位のブラジル、2位の米国を相次いで破りながら、序盤戦の取りこぼしが響いた。

だが手応えは十分にあった。「4位は悔しい。でも、どういうバレーをすれば強豪国に勝てるか、分かるようになってきた」

大会前には、今まで経験したことのないスランプに苦しんでいた。新たな攻撃を取り入れようとして消化しきれなかったのが理由。セッターからのトスをより速くして、相手ブロックが整わないうちに打ち抜こうというもので、世界選手権で3位に入りライバルたちのマークがより厳しくなったことへ対抗する狙いがあった。

■W杯では新戦法を封印

方向性は間違っていなかったが、時間が足りなかった。「自分の調子が良くない中で新しいことも取り入れて、ほかのプレーもぐちゃぐちゃになった」。夏のワールドグランプリで日本は5位と低迷。悪いことに、センターの山本愛(JT)が右膝を痛めて離脱するなど故障者も相次いでいた。

結局、W杯では新戦法を封印し、従来の打ち方で挑んだ。もちろん、すぐに本来の調子が戻ってくるわけではない。経験の浅い若手選手が多い中、「最初はなかなかリズムをつくれなかった」。開幕戦でイタリアに1-3で敗れ、アジアのライバル中国にもフルセットの末に競り負けた。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]