2019年6月21日(金)

インタビュー

フォローする

「中国サッカーは改革元年」 岡田武史・前代表監督(上)

(1/4ページ)
2012/2/26 3:30
共有
印刷
その他

サッカーの岡田武史・前日本代表監督は、今季から中国スーパーリーグ(日本のJ1に相当)の杭州緑城を率いることになった。2月中旬からチームとともに鹿児島・指宿でキャンプを張っていた岡田監督に、就任に至る経緯や新天地での抱負を聞いたインタビュー。2日間連続で紹介する。(聞き手は運動部編集委員 武智幸徳)

インタビューに答える中国スーパーリーグ杭州緑城の岡田武史監督

インタビューに答える中国スーパーリーグ杭州緑城の岡田武史監督

■中国には日本サッカーへのリスペクトがある

――昨年12月に就任を発表。本格的に指導するようになってまだ日は浅いですが、中国の選手にどんな印象を持っていますか。

「中国に行く前はそれほど情報は持っていなかった。コンサドーレ札幌の監督をしていたとき(1999年~2001年)のコーチだった張外龍(元Jリーグ大宮監督)が、去年は青島中能の監督をしていたので尋ねたら、中国で監督をするのは大変だと。特に杭州は昨シーズン、選手が監督に逆らってサボタージュし、監督がいなくなった後は選手で作る選手委員会なるものが出場メンバーを決めて最後の5試合を戦ったと」

「それで、どんなところかと思ったが、来てみたらまったくそんなことはなかった。変な情報がない分だけ、選手は日本よりよほど純粋で、今は毎日が楽しいよ」

「私の仕事がしやすい裏側には、日本サッカーへのリスペクトが中国にはすごくあることが関係している。今、日本のサッカーは中国では『アジアのバルセロナ』という言われ方をしていて、僕が話すことを選手は必死で聞こうとするし、それを実際にやろうとする。これまで古くさい、だらだらとした指導を受けてきた選手たちにすれば、『これがサッカーの練習なんだ!』という新鮮さもあるみたいだ」

自分が言えば何でも動く

「じゃあ、私が、おお、これが日本かと、うなるような練習をさせているかというと、今はまだ大したことはしていない。メニューの組み立てに失敗することだってある。ところがそういう場合も、向こうが『何か深い考えがあるのでは?』と勝手に深読みしてくれたりする。空港で出迎えてくれた人の中には、わざわざ日本語に訳した応援の手紙を持ってきたサポーターもいた」

「外国人選手の家をどこにするとか、彼らの銀行口座をどこに作るとか、そんなことまで私にいちいち伺いを立ててくる。自分が言えば何でも動く。裏返せば自分が言わないと何も動かない面もあるんだけれど……。そこまで受け入れられたらやりがいもあるし、勝たせたいと思うでしょ。責任だって感じる」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
川崎一筋17年目の中村憲剛。生え抜きがクラブを支えるという

 2月22日に開幕するサッカーの明治安田生命J1リーグ。優勝候補の筆頭は、3連覇に挑む川崎フロンターレだろう。チームの旗頭(バンディエラ)である38歳のMF中村憲剛に話を聞いた。
 ――キャンプの感触は …続き (2/19)

日本代表に「W杯では様々なことが起こりうる。サプライズをおこしてほしい」とエールを送る

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が14日に迫った。大会の行方やアジアのチームの見通しについて、韓国代表の元主将でイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した朴智星(パ …続き (2018/6/11)

中田氏は4月から筑波大大学院で社会工学を専攻する

 元サッカー日本代表の中田浩二氏(38)は2014年の引退後、多くのサッカー選手とは異なり、スポーツビジネスへの道を歩み始めた。現在はJ1鹿島でクラブ・リレーションズ・オフィサー(CRO)としてスポン …続き (2018/4/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]