2019年2月22日(金)
スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

プライド捨て、上昇機運へ 大相撲・ 栃乃若(下)

(1/2ページ)
2012/2/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

初土俵から負け越し知らずで、入門10場所目の2008年名古屋で西幕下10枚目まで番付を上げた。しかし結果は2勝5敗。幕下上位の壁にはね返されて、初めての負け越しを味わった。ここから2年、出世は止まった。稽古場で「当たって前に出ろ」と檄(げき)を飛ばし続けた師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)も「元の(まわしを取る)相撲に戻した方がいいんじゃないか」と迷うほどに。

■まわしをとる相撲から、前に出る相撲

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]