/

この記事は会員限定です

全豪テニス8強…父が見た錦織圭の成長

[有料会員限定]

テニスの四大大会である全豪オープンで、錦織圭(フリー)が1968年のオープン化以降で日本人男子初のベスト8進出を成し遂げた。新春早々の吉報に誰より興奮したのも、冷静だったのも父親の清志さんだっただろう。「今の圭の実力を反映した結果でいい感じ」。父の目から見た錦織の活躍は……。

準決勝でマリーに敗退、「今はまだ厳しい」

25日の準々決勝、相手は世界ランキング4位のアンディ・マリー(英国)だった。互角に打ち合い、ファンを魅了するような好プレー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン