ソーシャルゲームが抱える潜在リスク 「射幸心」あおる仕組みとは
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2012/1/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

ソーシャルゲーム市場が急拡大するなか、その潜在的なリスクが顕在化している。市場を牽引するディー・エヌ・エー(DeNA)とグリーの係争が激しさを増しているうえ、ユーザーの射幸心をあおるようなゲームの仕組みが指摘されているためだ。消費者庁もそうした問題を認識しており、今後、同ゲームが成長するうえでの壁となる懸念も出てきた。

昨年6月、DeNAは独占禁止法で排除命令を受けた。特定のゲーム制作会社がDeNAのライバル会社にゲームソフトを提供しないよう圧力をかけたことに対する措置だ。

DeNAの最大のライバルといえばグリー。最近、両社と取引があるソーシャルゲーム会社の幹部に話を聞いた。彼によると、両社とも「2社に対して公平に(ゲームを)提供することは許さない」という態度を強くしているという。

ゲームソフトを交流サイト(SNS)で公開する際には、まずSNSの運営会社にソフトの内容を示し(公序良俗に反していないかどうかなどの)審査を受ける。もしその段階で公開が認められず、同じ企画をライバル会社に持ち込み、リリースされた場合にはどうなるか。すべてのSNSが該当する訳ではないが、最初に企画を持ち込んだ会社から二度と取引を行わないと「暗にほのめかされる」こともあるという。ゲームをリリースした後ではなく、掲載を認める前段階で圧力を加えるように変化してきている。

こうしたいびつな慣習が続いている一方で、ソーシャルゲームは別の潜在的な問題を引き起こしつつある。

■収益性が高い人気のガチャ方式

日本のソーシャルゲームはグリーが提供している「探検ドリランド」に代表されるような「カードバトル」の方式が人気を集めている。

「探検ドリランド」の公式ページ

「探検ドリランド」の公式ページ

このカードをランダムで獲得する方式を「ガチャ」モデルという。自動販売機に硬貨を入れてレバーを回すと、オモチャが入っているカプセルが出てくる「ガチャガチャ(もしくはカプセルトイ)」をもじったものだ。

ソーシャルゲームの場合、お金を支払って、ガチャを引く権利を得て、アイテムやカードを得る。ユーザーがレベルアップして強くなるためには、ガチャを何度も行う必要がある。強力なレアカードを獲得するためには、高額なガチャを何度も引かなければならない。

また、レベルの低いカードでも、そのカード同士を一定数集めて「合成」すると、強いカードを得ることができる。レベルの低いカードでも、ゲームを有利に進めることができるような仕組みにしているのが普通だ。

従来、人気があった「ロワイヤル形式」と呼ばれるものでは、お金を使った分だけ簡単にレベルアップすることができた。しかし、新しいゲームでは、強いユーザーであっても、確実に勝ち進めることができないのがポイントだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]