2019年9月17日(火)

スペシャル

フォローする

スポーツ選手のウエアは…契約を巡る複雑事情

(1/4ページ)
2012/1/17 7:00
共有
印刷
その他

憧れの選手みたいになりたい――。ウエアは、そんなファンが気軽に選手気分を味わえるアイテムだ。そのため、メーカーは人気選手の契約獲得に励む。ただ、どの競技でも代表クラスになればウエア提供は受けられるが、肖像権契約を結べるのは一部の選手だけ。競技生活を支える収入にもなるから、選手の側も必死だ。たかがウエア、されどウエア。そんなウエアを巡る複雑な事情をのぞいてみた。

男子テニスの錦織は2011年からユニクロとウエアの5年契約を結んでいる

男子テニスの錦織は2011年からユニクロとウエアの5年契約を結んでいる

■錦織、アディダスからユニクロに

男子テニスの錦織圭(フリー)は、11年1月から15年12月末日までの5年契約で、カジュアル衣料であるユニクロのウエアを着用している。ユニクロはテニスのプロ使用ウエアは販売しておらず、「正直、契約する前は不安だった」と錦織はいう。

だが、「これから世界に打って出るブランドのアンバサダーとして期待した」(柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長)というユニクロは、錦織のためだけの特別チームを編成。契約金も「それなりに圭を評価してくれるだけのものを用意してくれた」と錦織の所属事務所のIMGは話す。

それまで錦織はアディダスを着用していた。アディダスは日本法人と結ぶ契約と、ドイツ本社直轄のグローバル契約の2種類ある。錦織は後者。ちなみにテニスではクルム伊達公子(エステティックTBC)と添田豪(空旅ドットコム)は前者だ。

■世界ランク下がると90%近い減額のケースも

グローバル契約は国内だけでなく世界規模での露出がある。日本法人契約と比べて契約金、ボーナスは破格だ。しかし、約束した成績を残せなかったときの減額も大きく、ケガなどで世界ランキングが下がると90%近い減額のケースもあるという。

錦織は今でこそ世界ランク20位台だが、これまでを振り返ってみてもケガなどでの浮き沈みがあった。

このため、錦織はアデイダスではなく、「日本ナンバー1」にふさわしい金額と特別な扱いを求めて、ユニクロを選択した。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
全米テニスの女子シングルスで初優勝したビアンカ・アンドレースクはどんなボールにも食らいつく根性がある=USA TODAYUSA TODAY

 全米オープンテニスの女子シングルスはカナダの19歳、ビアンカ・アンドレースクの初優勝で終わった。今年の四大大会を振り返ると、全豪オープンの大坂なおみ(日清食品)を除き、3大会で身長170センチ以下と …続き (9/11)

W杯で日本に53点差の圧勝劇を演じた米国代表だが過去と比べるとスター不足は否めない=ロイターロイター

 中国で開催されているバスケットボールのワールドカップ(W杯)で、アメリカ代表は9月8日まで順調に4連勝を飾っている。5日には日本にも53点差で圧勝し、その強さをアピールしたのは記憶に新しい。ただ、ア …続き (9/9)

全米オープンの準々決勝で敗退後、手を振って観客の応援に感謝するフェデラー=APAP

 テニスの全米オープンでロジャー・フェデラー(スイス)が3日の準々決勝で敗退した。5連覇を達成した2008年以来の優勝を目指したものの、4年ぶりの4強入りも逃した。8月に38歳になったばかりの元王者に …続き (9/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。