2018年12月11日(火)

就活で脚光「エバーノート」 クラウドに生涯の記憶を
急拡大する経済圏、目立つ日本 自動車メーカーとも交渉

(1/5ページ)
2011/12/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

横浜市立大学国際総合科学部3年の濱田優里さん(21)は海外留学を考えていたが、悩んだ揚げ句、12月中旬に就職活動(就活)をスタートした。多少、出遅れたこともあり、企業研究から始めている。昼間はスマホから、夜はパソコンで。クラウドにメモや写真を残せる「Evernote(エバーノート)」は、就活に欠かせない道具となった。濱田さんはエバーノートをこう表現する。

「Evernote(エバーノート)」を就職活動に活用する横浜市立大学国際総合科学部3年の濱田優里さん

「Evernote(エバーノート)」を就職活動に活用する横浜市立大学国際総合科学部3年の濱田優里さん

「優れた就活の秘書を持ったような感覚です」――。

エバーノートは米カリフォルニアのベンチャー、エバーノートが提供するクラウド型の情報管理ツール。コンセプトは「すべての記憶を記録する」。パソコンはもちろん、スマホからでも、写真や音声、テキスト、ウェブサイトなどあらゆるデジタル情報を簡単に投稿、保管でき、いつでも検索して引き出すことができる。月内の投稿量が一定の枠内であれば、永遠に無料だ。

アイデアのメモ書きやプロジェクト管理など、仕事に活用するビジネスパーソンも多い。画像に写ったテキスト文字も検索できるため、名刺管理にも使える。が、ここに来て大学生の就活ツールとしても脚光を浴び始めた。

■世界で2000万人、ゴールは10億人

あらゆる生活の記録を残すインフラとして、エバーノートは世界で急拡大している。「ゴールは10億人。数年後には達成できると思う」。創業者でもあるフィル・リービンCEO(最高経営責任者)は、ここ最近の成長に自信を深める。11月から12月の1カ月間、世界のエバーノート利用者は400万人も増え2000万人となった。それまでの月間純増数は100万人ほど。主に欧州、アフリカ、オセアニア地域での浸透が進み、一気に2000万人の大台に乗せた。ほんの1年前は500万人規模だった。

日本のユーザー数は約200万人と、全体の1割程度。だが、10年6月に初の海外法人を日本に立ち上げ、頻繁に日本に出張に訪れるなど、リービンCEOはその数字以上に日本市場を重要視している。それは彼が寿司などの日本食を好む日本通だから、というわけではない。

米エバーノートのフィル・リービンCEO

米エバーノートのフィル・リービンCEO

「日本の登録ユーザーは、世界で最もアクティブに使ってくれている。米国と比べると、日本のユーザーは平均2倍のログインがあり、月に1回以上アクセスするアクティブユーザーという指標では日本の割合は世界の25%以上に跳ね上がる」

そう話すリービンCEOは、「自分が使いたくて自分のためにエバーノートを作った」。IT(情報技術)に詳しいビジネスパーソンや技術者といった層が当初のターゲットであり、主にビジネスシーンでの利用を想定していた。もちろん日本でもそういった層から多くの支持を得ている。と同時に、日本では一般の学生など若年層にも浸透し、ユニークな使われ方をしていることに「大きな可能性を感じている」(リービンCEO)。最たる例が、就活だ。

「就活に役立つ優れたアプリ」のグランプリに

17日、大手就活サイトの「マイナビ」がパシフィコ横浜(横浜市)で開催した合同会社説明会に、約3万人の就活生が集結した。見た感じ3分の2以上の学生がスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)をいじっている。就活サイトに加え、フェイスブックとツイッターといったSNS(交流サイト)を通じて情報収集や交換をする「デジタル就活」を、当たり前のようにこなす学生たち。

そこで得た膨大なデジタルの情報を、どう管理しているのか。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報