ピッチの風

フォローする

肉食系と草食系…サッカー五輪予選で浮かんだFW像
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2011/12/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

11月27日に東京・国立競技場で行われたU-22(22歳以下)の日本代表とシリア代表のロンドン五輪アジア最終予選を見ながら、あまりに対照的なFW像にサッカーの妙を感じた。同じポジションに就いて、なぜ、やろうとすることがこうも違うのか。そこから浮き彫りになる日本のサッカーに物足りなさも覚えながらも……。

■常にハンターであり続けたスマ

4-2―3-1のフォーメーションを採用する日本の1トップは鹿島の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
ドルトムントはどこに行っても常にファンとリンクすることをしっかり意識させている=ロイターロイター

 サッカー日本代表の香川真司(現サラゴサ)が在籍したことで日本でもファンの多い、ドイツ・ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムント。そのアジア・オフィス(シンガポール)でマネージングダイレクターを務め …続き (11/21)

 日本サッカー協会が発表した日本代表の新ユニホーム=共同共同

 アンダーエージからフル代表まで、サッカー日本代表が2019年11月の国際試合から着用する新しいユニホームが6日、東京・文京区の日本サッカー協会でお披露目された。新ユニホームのコンセプトは「日本晴れ」 …続き (11/7)

2018年にはYBCルヴァン杯に初優勝したものの、パワハラ問題発覚後の湘南はさえない試合が続く=共同共同

 J1湘南の曺貴裁監督が選手やスタッフへのパワハラ行為があったとして、Jリーグから公式戦5試合の出場資格停止などの処分を受けたことは、同監督の辞任へと発展した。10月4日の処分発表会見の場で明らかにな …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]