フィギュアの世界

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フィギュア、「回転不足」って何なのか

(1/4ページ)
2011/11/11 7:00
共有
印刷
その他

 フィギュアスケートのシーズンが始まり、11日から北海道の真駒内セキスイハイム・アイスアリーナでNHK杯が開催される。ブームのおかげか国民性か、日本ほどルールに熱心なファンが多い国もないだろう。記者だけでなく、専門家も、ときにファンからの熱過ぎる質問にたじろいでいる。この夏、弊社にもこんな質問が寄せられた。

 「ジャンプの回転不足というけれど、一体、どこから測っているんですか? 国際スケート連盟(ISU)のルールブックではその辺りを定義していないのですが」

 鋭い。その疑問を解明すべく、ISU理事でジャッジでもある平松純子さんらを訪ねた。

■07~08年シーズンから判定厳しく

 回転不足が広く一般に認知されるようになったのは、4シーズン前ぐらいからだろうか。新採点方式が適用されるようになった2004~05年シーズンからジャッジが回転不足を見るようになってはいたが、このころから急に判定が厳しくなった。

 浅田真央(中京大)、安藤美姫(トヨタ自動車)らの跳ぶ3回転フリップ(またはルッツ)―3回転ループの連続ジャンプは06~07年シーズンは認定されていたのに、07~08年シーズンから2つ目の3回転ループが、かなりの率で回転不足をとられ、翌シーズンはさらに厳しくなった。

 日本勢のライバルである金妍児(キム・ヨナ、韓国)の3回転フリップ(またはルッツ)―3回転トーループは回転不足をとられず、評価は上がる一方……。日本のファンがルールに回転不足があることを知ったのも、その辺りからだろう。

 ジャンプとは「踏み切る足のブレード(スケートの刃)が氷から離れた瞬間から、着氷する足のブレードが氷に着くまで」をいう。ジャンプを見る際、ブレードが氷を離れた時点を覚えておき、どの角度でブレードが着氷したか、を基準に判断すればいい。

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アイスショーで現役引退後の初滑りを披露した浅田さん=共同共同

 浅田真央が7月29日、プロスケーターとしてデビューした。舞台は今年で11回目を迎えた「The Ice」。浅田をたたえる内容となった今回は、近年まれに見る素晴らしいアイスショーとなった。 …続き (8/9)

自身の公式ブログで引退を表明した浅田真央(2014年2月)

真央が導いたフィギュア界 [有料会員限定]

 フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央さん(26)が4月、競技から引退した。記者会見で「私もスケート界を引っ張ってこれたかな」と話した偉大なヒロインが火付け役となり、日 …続き (5/10)

五輪連覇を狙う羽生は平昌へどのようなプログラムを準備するのだろうか=共同共同

 4回転ループを跳ぶと決めた2016~17年シーズンの羽生結弦(ANA)は、シーズン終盤の3大会連続でループを含む4回転ジャンプをフリーで計4回成功し、18年平昌五輪へいい形で締めくくった。だが、ショ …続き (5/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]