スペシャル

フォローする

日本ラグビー強化へ「中学生から海外へ行こう」
元代表・四宮氏が後押し

(1/4ページ)
2011/11/2 7:00
共有
印刷
その他

ニュージーランド(NZ)で開催されたラグビーワールドカップ(W杯)で、日本は1分け3敗という結果に終わった。目標の「2勝以上」は果たせず、2019年のW杯自国開催へ強化に課題を残した。特にこれから若い世代の育成が急務。南アフリカやNZ、イタリアと強豪国のチームを渡り歩いてきた元日本代表の四宮洋平氏(32)も日本のラグビー界が発展するためには「もっと若いうちに海外でプレーする選手が多く出てこないといけない」と主張する。

四宮洋平氏

四宮洋平氏

■10月下旬、12人の中学生がフランスへ

子どものころから世界のラグビーを体験すれば日本のレベルも上がる――。10月下旬、東日本大震災の復興支援として、フランス・ラグビー連盟から招待された中学生12人に同行してフランスを訪れた四宮氏はその思いを強くした。

遠征ではU-15(15歳以下)の7人制大会に出場。12人は強豪国の同世代の選手と一緒にプレーし、その体の大きさやコンタクトの激しさを身をもって体験した。

「練習ではできていたことが、試合になったらひるんでしまった。やはり外国人と相対したことがないから圧倒されたんでしょう」

小さいころから海外選手のパワーを知ればプラス

「なかなかこんな機会に恵まれないから、今回の子どもたちは運がいい。逆にいえば、こういった機会の少なさこそ日本の最大の課題なんです」

四宮氏の持論は「強化するなら中学生から海外に出て行け」。ラグビーが好きで伸び伸びとできる中学生時代から、海外の選手のコンタクトの激しさやパワーを知ることは世界と戦う上で重要と力説する。

なぜ中学生なのか。それは日本の高校でのラグビー環境に要因があると四宮氏はみている。高校進学時に一部の私立校に行かない限り、大学、トップリーグ、代表と上のレベルになかなか進めないのが現状だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
昨年のラグビーW杯では3つのファンの力が合わさって満員のスタジアムが生まれた


 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の「大会成果分析レポート」を、大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)がまとめた。スタジアムが満員になった理由や「にわかファン」の特徴など、国内で …続き (8/3)

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)NTTコミュニケーションズ提供


 ラグビー元スコットランド代表主将でNTTコミュニケーションズに加入したSHグレイグ・レイドローがオンラインで日本経済新聞の取材に応じた。「自分がベストのプレーを続けるために必要なチャレンジだった」と …続き (7/15)

リヨンは提携するNTTコムのロゴをジャージーの胸に付けて大会に臨むこともある(NTTコミュニケーションズ提供)NTTコミュニケーションズ提供

 動画配信などで広がるサブスクリプション(定額課金)をスポーツ選手の獲得にも採用する動きが出てきた。ラグビートップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズはフランスリーグのクラブに定額の費用を支払い …続き (6/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]