インタビュー

フォローする

小塚崇彦「4回転合戦…だから男子フィギュアは面白い」

(1/4ページ)
2011/11/4 7:00
共有
印刷
その他
 一つミスをすると、途端に順位がひっくり返る。最近、男子フィギュアはスリリングな展開が多い。世界選手権銀メダリストとして迎えた新シーズン、小塚崇彦選手(22、トヨタ自動車)はグランプリ(GP)シリーズ初戦のアメリカ大会でミスが響き、3位に終わりました。「もったいない失敗だった。でも、壁を越える希望が見えた試合」と振り返ります。

■銀メダルをとって、得点の出方が違うと実感

今季初戦で「壁を越える希望が見えた」という

今季初戦で「壁を越える希望が見えた」という

世界選手権のメダリストという看板があると、得点のベースが違います。「いい」という評価を得た選手に対して、低い点を出すと、そのジャッジも批判を受けるわけですから。人間が点数をつけるのですから、そういう部分はあるんです。

だからこそ、昨シーズンはいい成績を取りたかった。初戦から鼻息が荒かったですね(GPシリーズで2戦とも優勝、GPファイナルでも3位)。「よくないこと」と思う人もいるかもしれませんが、それは現実です。僕自身、銀メダリストとして迎え、得点の出方が違うと正直、感じています。

今回のアメリカ大会も、勢い込んでいかなかったわけではありません。ただ、初戦なので少々緊張したかな、と思います。(22歳ですが、フィギュアの世界では)中堅になり、試合前に順位への不安はあります。今回は3位でしたが、今やるべきことはできているので、心配はしていません。

■ミスをしても、プログラムを感じてもらえた

今回、ショートプログラム(SP)に3つあるジャンプのうち、転倒した4回転を含めてすべてミスが出てしまいました。フリーも4回転は転倒、3回転ルッツなんて、普段は転ばないところでも転んでしまいました。それでも、芸術性を評価する演技構成点は両方ともトップだった。

僕にとって、演技構成点は1つの壁でした。高橋大輔選手や、昨季世界選手権王者のパトリック・チャン選手(カナダ)は、ジャンプが跳べても跳べなくても、「このプログラムはいいプログラム」とジャッジに評価してもらえます。だから、演技構成点が高い。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
高橋は「自分で決めた現役復帰だから全てに前向き」と語る

 2010年バンクーバー五輪銅メダリストで、アジア勢男子として初めてフィギュアスケートのメダルを獲得した高橋大輔(関大KFSC)が4年ぶりの現役復帰を発表した。4月から本格的な練習を始めて約5カ月。4 …続き (2018/9/4)

「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]