/

イチロー、悪球打ちで陥ったワナ 200安打逃した理由(1)

スポーツライター 丹羽政善

「一般論として、ボールに手を出せば、不利なカウントで勝負をすることが多くなり、また、難しい球に手を出して凡打にもなる――」

9月23日、テキサス。

残暑というよりは、まだ夏真っ盛りという強い日差しが、グラウンドを照りつけていた。

ボール球に手を出す確率は過去最悪

打撃練習が終わり、人気のなくなったダッグアウトで、マリナーズのクリス・チャンブリス打撃コーチと肩を並べた。

イチローの不振についてはこれまで、嫌というほど質問をされてきたはずで、声を掛けただけで何かを察したような眼差しをこちらに向けた。それでも、示したデータに興味を持ってくれたのか、やがて、一つ一つの質問に対する答えが長くなった。

示したのは、イチローのボール球に手を出す確率だ。今季は過去ワーストの36.2%で、シーズンの最多安打を記録した2004年の16.6%と比べると、倍以上となっていた。過去2年も32.1%、35.6%と高いが、今年はさらにその傾向が強まっている。

5月下旬には40.4%にも

どんな影響があるのか――という問いには、冒頭の一般論しか返ってこなかったが、もう少し具体的な数値を示すと、ノートの上のそれを指で追った。

イチローが「苦しかった」と振り返った5月は36.7%で、打率が下降していった5月16日から31日までの15試合では40.4%という高率になっていた。この間の打率は1割8分6厘(59打数11安打)である。

「ちょっと積極的すぎるかも」

試合前後の監督会見で、イチローの状態が話題になりだしたのもその頃で、エリック・ウェッジ監督は「ちょっと、積極的すぎるかもしれない」と話した。

それはつまりボール球に手を出しすぎているということを示唆するものでもあり、こうした数字を把握していたものと思われるが、チャンブリス打撃コーチは、「(一般論が)イチローにも当てはまるかどうかは、分からない」と、監督とはやや違う見方だった。

「ストライクゾーンは、人それぞれ。そもそもイチローのゾーンは広い。単純にそれだけが理由とは考えにくい」

もう一歩踏み込んで、6月の数字も伝えた。

スタメンを外れた6月10日までの9試合は49.2%――半分近い確率でイチローはボール球に手を出していた。この間は38打数5安打で打率1割3分2厘だ。

6月、スタメンを外れた前後で大きな差

11日にスタメン復帰してからは、8試合で16安打をマークするなどしたが、この間はボールを振る確率が33.8%にまで下がっていた。

さらにボール球を打ってアウトになった回数が6月の前半は9試合で14度もあり、逆にヒットになったのは1度しかなかったこと。そして11日以降は、ボールを打って凡退した数が8試合で8度に減ったことなども指摘すると、チャンブリス打撃コーチはしばらくその数字に見入っていた。

「あの前後で、何かイチローに指摘をしたのか?」と聞くと、首を振ったものの、「それだけ違うのであれば、本人の中で、意識があったのだろう」と話してくれた。

「ボール球をヒットにすると、ややこしく」

このとき、自身の経験も踏まえ、ボール球に手を出すリスクを問えば、1970年1月のドラフトで全体の1位指名を受けてインディアンス入りしたチャンブリス打撃コーチは「ボール球をヒットにすると、ややこしくなる」と苦笑した。

「そうすることで、知らず知らずのうちにストライクゾーンを広げてしまう。でも、ボール球をヒットにできるのは、たまたまか、よほど調子のいいとき。それを勘違いして、ボール球を追っていると、やがてツケを払わされる」

その言葉は、イチローがシーズン終了後に話したことを整理しているときにつながった。

イチローは、序盤に苦しんだ理由をこう振り返っている。

「4月に結果が出ることの難しさ――。それが、今年もすごく難しかった、それは誤った判断だったということはいえる。それが5、6(月)に出てますから。4月の難しさというのは毎年難しいですけど、結果が出ることで、あえて難しくなる」

結果として間違った判断

イチローは4月、4月の月間安打としては自己最多の39安打をマークした。打率は3割2分8厘。

とくに半ばを過ぎてから調子が上がり、4月19日からの11試合では、21安打を記録している。

このときに感じていた感覚が正しいものなのかどうか。あるいは、修正が必要なのか。イチローはその判断に迷い、結果として間違った判断をしてしまったという。

ということは、好調だった4月に何かがある。

さかのぼって、4月のボールを振る確率も調べてみると、32.6%で、今季の平均よりはやや低いものの、過去全体の数字と比べれば、やはり高い部類の数値だった。

イチローにしか安打にできないと思ったが

極端とはいえないものの、ボール球を追いかけてしまって結果を出した4月。それが果たして、その後の代償につながったのだろうか。

こんなケースも見つかった。イチローは4月19日に4安打を記録しているのだが、その3本目のヒットは、左投手の投じた外角に遠く外れるカーブをセンター前に転がしたものだった。

あの球はイチローにしかヒットにできないだろう――。あのときはそう思ったが、あれがいわゆる、チャンブリス打撃コーチのいう「ややこしくなる」ヒットだとしたら……。

本質はどこか

4、5年ほど前のこと。イチローは、チームの問題を米メディアに問われ、「木に問題があるなら、根っこを見なければならない。(根に問題があるのに)水をやり続けても解決にはならない。とにかく、問題の根源を見つけることが最初」と話した。

184安打に終わり、シーズン200安打が10年でストップした今シーズン。そうなってしまった本質はどこにあったかということだが、今回、問題なのは不調だった5月ではなく、好調だった4月だったという点で、通じるところがあるのかもしれない。

ただ、なぜ、イチローにとってのストライクゾーン(手を出すゾーン)が広がったのかということにおいては、すっきりしない部分もある。

次回(31日掲載予定)は、そこを掘り下げてみたい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン