悠々球論(権藤博)

フォローする

落合竜、かわいげのない強さの終着点

(5/5ページ)
2011/10/2 7:00
共有
印刷
その他

落合中日は確かに強かった。07年の日本シリーズで山井大介を交代させた一件だって、あとを受けた岩瀬仁紀がぴしゃりと日本ハム打線を抑えて日本一を決めたら、スタンドはもうパーフェクトだとかは忘れて歓喜の嵐に包まれたそうだ。

何だかんだいって、ファンは勝つのを見たいのだ。落合監督はその期待に百パーセントこたえた。

■選手たちの顔や表情がよくみえず

ただ一つ残念なことに、中日の選手たちの顔や表情がよくみえなかった。彼らの表情はみんな硬いヘルメットの下に隠されていた。

人間がやっているんだという人肌のぬくもり、悲喜こもごもが伝わってこなかった。そこに物足りなさを覚えるファンもいたのではないか。

愛想ばかりで勝てないチームは駄目だけれど、勝てば愛想なしでいいかというと、そうでもない。現代の名将の"敵"は意外なところに潜んでいたようだ。

(野球評論家)

人気記事をまとめてチェック

「スポーツ」の週刊メールマガジン無料配信中
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

権藤博 監督に学ぶリーダーシップ プロ野球日本一 これが奔放流の真髄だ

権藤博 著

ビジネスにも通じる、独特のリーダー論を持つ著者に学ぶ「強いチームのつくり方」

悠々球論をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (2019/3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]