スポーツ > コラム > 記事

監督たちの戦い

フォローする

横浜・尾花監督、「分析野球」機能せず
スポーツライター 浜田昭八

(1/3ページ)
2011/9/18 7:00
共有
印刷
その他

「勝負は人集めで決まる」といったのは、西鉄や大洋を日本一にした知将・三原脩だ。優れた手腕をたたえられたのに照れて、戦うのは選手といいたかったのだ。どんな名将も、駒がそろわなければ手の打ちようがない。

■補強で尾花監督と球団に考え方のズレ

だから監督たちは球団に補強を強く求める。だが、キャリアの浅い監督は強く主張できない。与えられた戦力に不満を抱きながら戦わざるを得ない。監督就任2年目の横浜・尾花高夫(54)が、まさにその状態だ。

2度目の監督就任だった大矢明彦が率いていた横浜は2008年、09年と2年連続最下位(09年はシーズン途中で田代富雄が監督代行に)。それも、両年ともに勝率3割台という"突出した弱さ"だった。

老練監督でも、戦力の積み増しを相当やらないと戦えない。球団は当然、強力なバックアップを約束して監督就任を求めた。

だが、尾花の考える補強と、球団側のそれにはズレがあった。これは尾花のケースに限ったことではない。球団にはそれぞれ、台所事情がある。"身の丈"に合った補強で済ませると、監督にはどうしても不満が残る。

■投手陣を立て直せると考えたが

ただ、尾花自身にも事態を多少甘く見たフシがあった。ロッテで伊良部秀輝、ヤクルトで石井一久、ソフトバンクで和田毅、杉内俊哉、巨人で上原浩治、高橋尚成らを鍛え、育てた投手コーチとしての手腕は、球界でも高く評価されてきた。

外から見た横浜投手陣には、魅力的な素材がいっぱいだった。自分なら4年連続でチーム防御率4点台の横浜投手陣を立て直せると考えた。

横浜港を周遊する観光船で行われた就任会見では「アナライジング・ベースボール(分析野球)」を高らかにぶち上げた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

監督たちの戦い 一覧

フォローする

 「動かないままやられるより、動いて負ける方がまし。悔いはない」。クライマックスシリーズ(CS)で …続き (2012/10/21)

 1986年から94年まで西武監督だった森祇晶さんは、よく「育てながら勝つ」と言った。移籍補強や外国人獲得に球団は大金をつぎ込むが、現場は若手育成に力を入れるように求められた。森監督はその求めに応え、 …続き (2012/9/23)

 大混戦が続くパ・リーグで、オリックスだけが取り残されている。開幕前には優勝の呼び声が高く、岡田彰布監督も「いける」と胸を張った。だが、セパ交流戦の終盤、6月10日に最下位に落ちて以来、浮上の気配がな …続き (2012/8/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]