悠々球論(権藤博)

フォローする

斎藤佑樹の爽やかさの陰に潜んだ計り知れぬ実力

(5/5ページ)
2011/9/4 7:00
共有
印刷
その他

はた目にはわからないが、斎藤もその手の劣等感と無縁だったとは思えない。これまでに何度か自分の限界が試されるようなしんどい場面を体験し、そのたびに工夫して生き延びる道をみつけてきたのではないだろうか。

■「たたき上げ」の選手

沸騰する斎藤フィーバーに成績が追いつかないかもしれない、という気持ちにもなったことだろうが、そのたびに冷静に自分を見つめ、乗り越えてきたのが斎藤ではないか。

苦労知らずのエリートと思ったら大間違いで、斎藤自身にしかわからないハンディを乗り越えてきた「たたき上げ」の選手なのだ。

楽天の田中と違う道を歩み、昨年までの4年間を大学ですごした斎藤の体はまだまだ鍛えられていない部分がある。だから年間を通しての働きは10勝に届くかどうかというところで、多くを期待してはいけない。

しかし、これから体力面を含め、まだまだ伸びる可能性はあるし、何より「ここ一番」となれば、順応性に富んだ彼はいい意味で評論家諸氏の予想を裏切る活躍をする、と私は思うのだ。

■変幻自在の才

そういえば、2月のキャンプで会ったとき、私は彼にエールの気持ちを込めて語りかけたのだった。「環境に順応することが大事だよ。高校なら高校なりに、大学なら大学なりに、プロならプロなりに。この世界(プロ)でも、おまえならできるよ」

相手のレベルや環境に合わせ、変幻自在の才を発揮してきた斎藤は今、「プロなり」の姿に変身しつつあるのだ。

(野球評論家)

人気記事をまとめてチェック

「スポーツ」の週刊メールマガジン無料配信中
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

権藤博 監督に学ぶリーダーシップ プロ野球日本一 これが奔放流の真髄だ

権藤博 著

ビジネスにも通じる、独特のリーダー論を持つ著者に学ぶ「強いチームのつくり方」

悠々球論をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]