悠々球論(権藤博)

フォローする

斎藤佑樹の爽やかさの陰に潜んだ計り知れぬ実力

(4/5ページ)
2011/9/4 7:00
共有
印刷
その他

マスコミもこのごろやっと、その実力を認め始めたようだが、何よりバッターボックスに立つ打者たちが、対戦するたびにスタイルを変え、攻め手を変えてくる斎藤の手ごわさに気付き始めているはずだ。

■コンプレックスが力の源

それにしても、たぐいまれな投手である。

折れそうで折れない斎藤。その力の源はコンプレックスではないかと思う。球界の貴公子然とした斎藤が持つコンプレックス。劣等感という言い方がそぐわないとすれば、反エリート意識とでも言おうか。

斎藤こそ球界のエリートではないか、と人は言うだろう。官僚でいえば「キャリア組」、実業界でいえば「老舗の御曹司」。どう転んでも出世間違いなし。そんなイメージで斎藤は捉えられていると思う。

そういう目でみていると、斎藤という男を見誤る。高校時代に頂点を極めた斎藤だが、プロのスカウトには「ここが彼のピーク」という見方があって、高校卒業時点の評価は田中の方が上だった。

■肉体的にも恵まれているとはいえず

肉体的な面からみても斎藤は決して恵まれているとはいえない。高校あたりまではハンディとも感じなかったと思うが、大学、プロと進むにつれて、周りはどんどんでかくなり、同僚や対戦相手の投げる球もどんどん速くなっていく。それと比べ、どんどん普通の球になっていく自分の真っすぐ。

決して心の底をみせない斎藤の本心は誰にもわからない。私もそのことを斎藤に聞いたわけではない。しかし、私は投手経験者として、自分より球の速いやつと並んで投げるときの何ともいえないプレッシャーや敗北感を知っている。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]